【ホンダ トルネオ】名作ユーロRからSiRまで、口コミや燃費などの魅力に迫る

アコードとはまた違う魅力を持つ4ドアセダン。口コミでも高評価、燃費も良好、高性能スポーツセダン「トルネオ」についてお届けします。

【ユーロRが人気】ホンダ トルネオとは?

アコードの姉妹車種でエクステリアが異なる

6代目アコードの姉妹車であり、ホンダの各販売チャネルでラインアップされていた、アスコットやラファーガといった4ドアセダンを収束させたモデルがトルネオです。アコードに比べると特にフロントフェイスが柔らかい印象の顔つきとなっています。

エンジンもアコードと同じ1.8リッターから2.2リッターの4気筒エンジンを搭載します。人気モデルであり、アコードと同時に設定されたユーロRは2.2リッターのH22A VTECエンジンが搭載され、当時販売されていたタイプRシリーズを上回る220PSの出力を実現していました。

名前の由来はTouring(ツーリング)とNeo(ネオ)

トルネオというネーミングは、旅を意味するTouring(ツーリング)と新しいを意味するNeo(ネオ)から作られました。名前の通りグランドツーリングを実現できるようスムーズかつトルクフルに仕立てられたエンジンや、路面からの入力を適度にいなすよう設定された足回りで、快適なツーリングを堪能できます。スポーツグレードであるユーロRもこのグランドツーリング的な味付けは変わりません。

【ホンダ トルネオ】カタログスペックや主要諸元

ホンダ トルネオの主要諸元

名称:ホンダ トルネオ(TORNEO)ユーロR・X(2002年5月)
新車価格:2,553,000円

ボディタイプ:セダン
ドア数:4ドア
乗員定員:5名
型式:GH-CL1
全長×全幅×全高:4,680mm×1,720mm×1,405mm
ホイールベース:2,665mm
車両重量:1,330kg

エンジン
エンジン型式:H22A
最高出力:220ps(162kW)/7,200rpm
最大トルク:22.5kgf・m(221N・m)/6,700rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:2,156cc
燃料タンク容量:60リットル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

足回り系
サスペンション形式(前):ダブルウイッシュボーン式
サスペンション形式(後):5リンク・ダブルウイッシュボーン式
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ディスク
タイヤサイズ(前):205/50R16 87V
タイヤサイズ(後):205/50R16 87V
最小回転半径:5.6m

駆動系
駆動方式:FF
トランスミッション:5MT
LSD:標準装備

ホンダ トルネオの燃費ってどれくらい?

2000年式 トルネオユーロR 型式CL1 MT
カタログ燃費:11.6km/L(10・15モード)
実燃費:10.38km/L

2016年6月現在に集計されている実燃費情報を掲載しています。さすがはホンダのエンジン、カタログ燃費と実燃費の差が少ないところは素晴らしいですね。

ホンダ アコード/トルネオの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

【口コミや評価は?】スポーツから街乗りまで高次元に両立できます

気になるみんカラでの評価はなかなか良好です

街乗りからサーキットまでこなせる4ドアセダンとして、高く評価している方が多いようです。特に高回転高出力に加えて低速トルクも充分にあるエンジンは好評なようです。気になる点として、デザインがよくあげられていますね

今となってはスマート感のないフォルムだが、街乗りからサーキットまでこなすオールラウンダーだった。子供一人なら、家族持ちでも十分に乗れるだろう。

出典:minkara.carview.co.jp

VTECゾーンはもっと強力です。S14シルビアターボのライトチューンとサーキットで0-400mをやったことがありましたが、最初は引き離されるものの、VTECに入れば引き離されることはありませんでした。

出典:minkara.carview.co.jp

【やっぱり気になる!】ホンダ トルネオの中古車情報をご紹介!

ホンダ トルネオ ユーロR:446,000円~999,000円(2016年現在の支払総額)

中古車市場に出回っているのはトルネオの半分以上が、実はユーロRです。登録台数が単純に多いので、ここはユーロRから状態の良い車両を探すのが得策です。

年式も年式なのでフルノーマル車はほぼ存在していません。ワンオーナーで十分に整備された車両を見かけたらすぐに購入を検討したほうが良いでしょう。

ホンダ トルネオSiR:279,000円~499,000円(2016年現在の支払総額)

中古車市場にほぼ出回っていない、ユーロRより下に位置するスポーツグレードがSiRです。ユーロRに比べると完全に底値となっていますので、状態のいい車両ならユーロRよりも安い価格で取り引きされている、おすすめの車両です。

中古で気になるトルネオのパーツについて

ネットオークションやパーツ販売サイトに出回るトルネオのパーツはすっかり少なくなりましたが、それでもまだトルネオ向けのパーツは見ることができます。下に「GooParts」のリンクを貼っていますので、気になる方はのぞいてみてください。

あなたのトルネオに合うカー用品・車パーツを検索可能。新品・中古のカー用品・中古パーツが65万点以上のGooParts(グーパーツ)。カー用品・パーツのほか、パーツ買取、パーツ特集、レースクイーンの情報も満載!

【ホンダ製4ドアセダン】トルネオを検討するならこちらもぜひ!

【ホンダ アコード】ホンダの4ドアスポーツといえばこの車!

ホンダの4ドアセダンといえばアコードです。トルネオと同じCL1の型式番号を持つ姉妹車ですので、車としての性能や使い勝手はユーロRから下位グレードまで変わりません、好みのスタイリングを選んでください。

【ホンダ インスパイア】ホンダの誇るプレミアムスポーツセダン!

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/inspire/2012/

レジェンドに次ぐホンダのプレミアム4ドアセダンがインスパイアです。2012年まで販売されていた車種なのでトルネオに比べるとボディこそ大柄ですが、静粛性・動力性能・快適装備、全てでトルネオを上回ります。中古車も100万円そこそこで狙えるので、快適でコストパフォーマンスに優れる車が欲しい方には一押しの車と言えるでしょう。

まとめ:ホンダ トルネオはスポーツマインドにあふれるドライバーのための車です

ホンダのセダンといえばスポーツです。ホンダの最上級セダンであるレジェンドも、アピールしていたのは乗り心地ではなく、SH-AWD(日産でスカイラインGTRの4WD機構を設計した技術者を引き抜いて完成させたという4WDシステム)のスポーツ性能でした。マニアックです、ある程度知識を持った上で楽しめるドライバーでないと、レジェンドの良さは伝わりにくいのではないでしょうか。助手席に乗れば高級車と実感できるトヨタのプレミアム4ドアセダンとは、この辺りがずいぶん違います。

トルネオもそんなホンダのスポーツセダン、NA VTECの価値をよく知っているマニアックな、スポーツマインドにあふれる、そんなドライバーのための車です。