【トヨタ アレックス】スポーツハッチとして高評価!後継のオーリスやブレイドも紹介

羊の皮をかぶったオオカミともいわれるスポーツハッチバック、カローラランクスの姉妹車種がアレックスです。カローラランクスとほぼ同様のラインアップをそろえるアレックスの評価や燃費、マフラーの情報などをお伝えします。ちなみにCMは「おすぎとピーコ」がナレーションをしていました。

【カローラランクスの姉妹車】トヨタ アレックス とは?

【ランクスの姉妹車】羊の皮を被ったオオカミだった「RS180」グレード

2001年から2006年にかけて製造されたカローラベースのハッチバックモデル、カローラランクス。その姉妹車としてネッツ店から販売されたのがトヨタ アレックスです。

1.5リッターから1.8リッターまでのエンジンを選択できるのですが、トピックは最大の出力を誇る2ZZ-GE型1.8リッターエンジンを搭載した「RS180」です。このグレードはトヨタのFFスポーツクーペである2代目セリカと同様のエンジンと6速MTをそなえていたことから、ランクス及びアレックスは一部では「羊の皮を被ったオオカミ」といわれ、アフターパーツメーカー各社からチューンアップパーツが多数販売されることになりました。

【トヨタ アレックス】各グレードの詳細はこちら

XS150 型式名 DBA-NZE121H
1NZ-FE型エンジンに4速ATを組み合わせたモデルです。

XS180 型式名 CBA-ZZE122H
1ZZ-FE型エンジンに4速ATを組み合わせたモデル、XS150とは違いチェンジレバーがゲート式となっています。

RS180 型式名 TA-ZZE123H
2ZZ-GE型エンジンを搭載し、唯一6速MTを搭載するスポーティモデルです。サスペンションやブレーキもスポーツ走行向けの味付けがされています。

【おすぎとピーコ】懐かしいアレックスのCMはこちら

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Lma7kClYC50" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

「あなたのロードショーはじまる」懐かしいCMです。

【トヨタ ランクス】こちらはアレックスの姉妹車です!

アレックスの姉妹車種であり、グレード構成もほぼ同じ内容で販売されたのがトヨタランクスです。トヨタランクスというのは通称のようなものでして、正式には「トヨタ カローラ ランクス」となり、つまりカローラの1バリエーションという位置づけの車となります。アレックスがネッツ店でカローラから独立した車として販売されていますので、この販売時の位置づけがランクスとアレックスの決定的な違いと言えます。

下にランクスをメインで紹介している記事へのリンクを貼っておきますので、気になる方はどうぞ。

「カローラ」の名前を冠した最後のハッチバックが「カローラランクス」です。カローラのハッチバックにしか見えないランクスは、実は究極の走りをもたらすもの、だったのです。それはなぜかというと、エンジンが「あの」スポーツカー譲りで、ランクスは実は「あの人気クーペ」の本当の後継車だったのです。あ、FXじゃありませんよ。

トヨタ アレックスのカタログスペック

アレックスの主要諸元

名称:トヨタ アレックス(ALLEX)RS180(2004年4月)

新車価格:2,079,000円
ボディタイプ:ハッチバック
ドア数:5ドア
乗員定員:5名
型式:TA-ZZE123
全長×全幅×全高:4,175×1,695×1,460mm
ホイールベース:2,600mm
車両重量:1,170kg

エンジン
エンジン型式:2ZZ-GE
最高出力:190ps(140kW)/7,600rpm
最大トルク:18.4kgf・m(180N・m)/6,800rpm
種類:直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1,795cc
燃料タンク容量:50リットル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

足回り系
サスペンション形式(前):ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ディスク
タイヤサイズ(前):195/60R15 88V
タイヤサイズ(後):195/60R15 88V
最小回転半径:5.1m

駆動系
駆動方式:FF
トランスミッション:6MT

トヨタ アレックスの燃費は?

トヨタアレックス 2001年モデル 型式ZZ123 1.8リッターエンジン 6MT

カタログ燃費:13.0km/L(10・15モード燃費)
実燃費:11.52km/L

2016年現在集計されているデータです。スポーツモデルにしては良好な燃費性能で、カタログ燃費とのかいりも少ないほうかと思います。

トヨタ カローラ/ランクス/アレックスの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

【気になる評価は?】トヨタ アレックスの口コミ情報はこちら

1.5リッタークラスのATモデルの口コミが実は多く、コンパクトかつ容量の大きい室内空間や快適な足回り、軽快かつパワー不足を感じないエンジンから好印象を得ているようです。

注目のスポーツハッチバックであるRS180ですが、こちらはバイクのように吹けの良いエンジンと動力性能が高く評価され、満足されている方が多いようです。

トヨタ アレックスの後継車種

【トヨタ オーリス】大型化したトヨタのハッチバックモデル

すっかりトヨタのミドルクラスに位置するハッチバックとして定着した感のあるオーリスは、元々カローラベースで開発されたアレックスおよびランクスの後継車種という位置づけの車です。アレックスに比べボディサイズ・剛性・快適性能など全ての面で性能をアップさせています。実は2016年現在販売されている現行モデルにも1.8リッターエンジンに6速MTを組み合わせたRSもラインアップされており、知名度は低いものの今も「羊の皮を被ったオオカミ」は健在のようです。

【トヨタ ブレイド】高級プレミアムハッチバック!

初代オーリスをベースに最大3.5リッターの2GR-FE型エンジンを搭載し、エクステリアとインテリアのデザインを高級化させた他、横滑り防止装置など装備を追加したプレミアム路線のハッチバックがブレイドです。

パワーウェイトレシオでJZA80系スープラRZと同等の数字をたたき出すスポーツカー顔負けのスペックを誇りますが、その乗り心地や足回りの設定はスポーツではなく、あくまでもグランドツーリング、非常に快適な味付けの車となっています。

フルモデルチェンジを繰り返し販売され続けているオーリスとは異なり、排ガス規制への対応などが難しいことから、ブレイドは一代限りで販売が終了しています。

【意外に多いカスタマイズ】トヨタ アレックスのマフラー交換は定番

柿本改 ( KAKIMOTO ) マフラー【 hyper GT box Rev. 】トヨタ アレックス / カローラランクス ZZE123 T41366

¥52,869

販売サイトへ

2代目セリカと同等のスペックを誇るスポーツハッチバックですので、アフターパーツメーカーから多数のパーツが販売されています。中でも定番のマフラーは、高回転までスムーズに吹ける2ZZ-GE型エンジンをさらにエキサイティングに演出してくれるため、大変人気があります。

【購入してみよう!】トヨタ アレックスの中古車について

トヨタ アレックスの中古車を買うメリットは?

販売から10年が経過している車ですので、値段もこなれてきている印象です。1.5リッターエンジンを搭載したモデルは300,000円も用意すれば、特に問題の無い車両を購入できるので、コストパフォーマンスは抜群です。

注目のRS180グレードですが、こちらは流通している台数自体が少ないので、状態の良い車両を見つけたら即購入を検討した方が良いでしょう。車両本体価格500,000円から購入できるので、こちらもコストパフォーマンスは悪くありません。

まとめ:狙い目はコスパ抜群で使い勝手の良いATモデル!

スポーティなRS180グレードはスポーツハッチとして魅力的なのですが、いかんせん本家である2代目セリカも同じくらいの価格で購入できてしまいます。アフターパーツの多さやスタイリングから、スポーツを意識して購入するならセリカも検討の余地があるように思います。

おすすめは1.5リッタークラスのエンジンを搭載したATモデルです。中古車両が多く300,000円も用意すれば十分購入できるコストパフォーマンスと、使い勝手の良いサイズ感で、日常の足にもってこいの車となっています。