ポルシェ718ボクスターのシークレットガレージへ潜入リポート!

先日でもご紹介した718ボクスターのシークレットガレージだが、も無事探し当てることができたので潜入リポートをご紹介。残念ながら2016年6月25日(土)と26日(日)の限定公開と短い期間ではあるが、限定グッズももらえるので明日、探してみてはいかが?(これは25日に執筆)

ポルシェ718シークレットガレージが登場

先日、以下のリンクの通り、ポルシェ社が718ボクスターのシークレットガレージを探すキャンペーンを行うと報じたが、も無事シークレットガレージにたどり着くことができた。キャンペーンWEBクイズによる来訪予約は埋まってしまったようだが、公式Twitterを頼りに探し当てることもできるようだ。

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都目黒区代表取締役社長:七五三木敏幸)では、2016年6月20日(月)から26日(日)まで「718 ボクスターシークレットガレージを探せ」キャンペーンを実施すると発表しました

完全に718のガレージだとバレバレだが、細い路地の途中にあるので、ふらっと見つけることは難しいだろう

なお、公開日は6月25日(土)と26日(日)の2日間だけと大変短いのだが、25日現在この記事を見て気になった方は是非26日に探してみてはいかがだろうか?
ちなみに、26日は10:00~20:00でオープンとのこと。

718ボクスターとは

ポルシェ718の血統を引き継ぐボクスター

ポルシェ718は1950年代後半から60年代前半に活躍したポルシェのレーシングカーの名前。ポルシェ社がそのポルシェ718の正当な継承車と認めるのがこの新型ボクスター(及びケイマン)である。ポルシェ718は4気筒エンジンでMRの駆動方式だったため、今回ボクスターが6気筒エンジンから4気筒エンジンになる際にその名前を引き継ぐこととなった。

ボクスターとケイマンのモデルチェンジが迫ります。次のモデルはもっと明確に同じモデルのオープントップとクーぺという位置づけになるようです。そのモデルに名づけられるのが718という呼び名。かつてポルシェに栄冠をもたらしたネームをまといます。

展示されているのは718ボクスターS

ガレージに展示されているのはボクスターS。ノーマルのボクスターが排気量1,988ccで300PSなのに対しボクスターSは同じ水平4気筒ながら排気量2,497ccで350PSとより大きな出力のエンジンが搭載されている。ボクスターも911も「S」が付くと付かないとでは、単純に出力が違うというよりも楽しみ方も変わるので好みによって選ぶ人が多い。ちなみに価格差は約200万円。

フロントマスクは981型ボクスターの面影が残っているが、718ボクスターの特徴が出るのはやはりリア側。左右のテールライトを結ぶリアガーニッシュが斬新な形のうえに、PORSCHEロゴが乗っていることもあって存在感がある。

ボクスターはモデルチェンジ毎にインテリアの進化がすごい。特に前の918型は911カレラにも見劣りしないレベルに達してしまったと思ったが、718ボクスターでは新開発のステアリングやボクスタースパイダーのリアフードのようなエアコン吹き出し口など、さらに上質感を高めてきた。

コクピットに座るだけで色々な妄想が膨らんでしまう

718ボクスターS(PDK) 主要諸元

車両型式:ABA-982H2
全長:4,383mm
全幅:1,825mm
全高:1,280mm
車両重量:1,410kg
乗車定員:2名
エンジン形式:水平対向4気筒ターボ
排気量:2,2497cc
エンジンマネージメント:EMS SDI 21.1
最高出力:257kW(350PS) / 6,500rpm
最大トルク:420N・m / 1,900 〜 4,500rpm
トランスミッション:7速PDK
タンク容量:64L
最高速度:285km/h
0-100km/h加速:4.4秒
車両本体価格:9,044,000円〜

1階は718ボクスターSが収まるガレージ

前述の通り、1階のガレージにはボクスターSが鎮座している。
みんな思い思いに写真を撮ったり、実際に乗り込んで自分が運転しているイメージを描いているようだった。

ガレージにはクラシックな工具や棚とともに718のポスターなども飾られ、ポルシェ718のクラシックスポーツカーから新型ボクスターという最新型スポーツカーへ脈々と受け継がれる想いや雰囲気を味わえる。

自分のガレージに収まった大好きな車を見ながらコーヒーなど飲めたら至福の時が過ごせそうだ。

3階は718ボクスターの映像が流れている抽選場

秘密のガレージは1階だけではなく、3階にもフロアがあり、718ボクスターのTV CMやヒストリー動画などが上映されている。また、抽選場にもなっており、運がよければボクスターかボクスターSのモデルカーが当たる。

3階へはエレベーターで

エレベーターの中も718の雰囲気

3階は写真や映像がたくさん

シークレットガレージを見つけた人は限定お土産ももらえる!

抽選でモデルカーやスパが当たるかも!?

前述の通り、3階では抽選が行われており、当たりを引くと精巧なモデルカーが手に入る。実際自分の眼の前で当たっている人がいたが……羨ましい!
当たった人は、あとは718ボクスターを購入すれば、ガレージでモデルカーと見比べながらニンマリできる権利が与えられたということだ。

ボクスターとボクスターSのモデルカーが当たるかも

ガレージは男の夢というが、ではこのシークレットガレージも男性だけ喜ぶものなのかというとそうではない。実は女性向けの抽選箱もあり、当たった方にはなんとリッツカールトンのスパチケットが貰えるらしい。きっと賢い読者諸君はこう考えていることであろう。

「そうだ! 奥さんを連れて行こう!」

奥さんにスパチケットが当たろうものならもう718ボクスターの購入権は手に入れたようなものだ。

左が女性用、右が男性用の抽選箱

抽選に外れた方もスチールプレート、特製ノート、ミニカタログ、ステッカー、ポスター(3種のうちの1つ)などのオリジナルグッズをもらうことができる。

スチールプレート、特製ノート、ミニカタログ、ステッカー

また、3階では718パッケージのコーヒーやお水が貰えるのだが、これだけでも718好きにはたまらない。

718パッケージのコーヒー&ミネラルウォーターも

とにかく718尽くしのシークレットガレージ。718ボクスターの雰囲気を存分に感じたければ、このシークレットガレージを探し当てるか、自分自身で718ボクスターとガレージを用意して作り上げていくしかない。
後者はかなり費用と時間がかかるので、ひとまずポルシェジャパンの公式Twitterアカウント(@PorscheJP)がつぶやいているヒントを元に明日頑張って探し当ててみてはいかがだろうか。