ネズミ捕りを知らせるパッシングをあなたはする?しない? 意味やルールなどもご紹介!

運転中、周囲に対する意思表示の手段として使われるパッシングは、マナーを守った思いやりのある運転に不可欠なものです。そのなかでも、スピード違反の取り締まりが行われていることを対向車に知らせるパッシングに注目して解説してみました。

パッシングの意味について考える

パッシングとは

パッシングとは、運転中に車のヘッドライトを一瞬だけハイビーム(上向き)に切り替えること。走行中、対向車や先行車などに対して手を挙げたりするのと同じく、周囲への意思表示としてしばしば使われています。

パッシングについてより詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

車のヘッドライトをハイビームとロービームを何回か繰り返すのがパッシングです。対抗車、あるいは交差点で車同士が合図するときに使います。ところが、ハイビームの意味が地方によって違う??そんな事ってあるの?知らないと事故にもなりかねない大変な事です。

教習所では習わない「パッシング」

パッシングは法律には何も定めがない、完全に慣用的なものなので、自動車教習所で習うことはありません。それだけに、どのようなときにパッシングをするべきかについては、人それぞれ、さまざまな考え方があります。走行中に自分が受けたパッシングがどのような意味なのかわからず、戸惑ってしまう人もいるようです。

 後続車からのパッシング

後ろから走ってきた車が、何らかの理由で急いでいるとき、先行車に対してパッシングして意思表示をすることがあります。なかには、マナーの悪いドライバーが道を急ぐあまり、先行車に対してパッシングしながら車間距離を詰めていくことも。こんな車に遭遇した経験から、パッシングに悪い印象を持っている人は多いかもしれません。

 対向車からのパッシング

対向車線を走っている車によるパッシングが何を意味しているかは、状況によってさまざまです。交差点では、右折待ちをしている車に対して「先に曲がって下さい」。そしてそれに対する「ありがとうございます」が、両方ともパッシングで示されることもあります。
また、車の通りが無く街灯も少ない道などで、ヘッドライトを上向きにして走っているときは、対向車とすれ違うときにはライトを下げるというのが一般的なマナーですが、たまにライトを下向きにし忘れたりすると、対向車にパッシングされたりします。これは「ライト下げてよ!まぶしいよ!」という意味ですね。

「ネズミ捕り注意」のパッシング

これらのパッシングより使われる頻度は少ないかも知れませんが、覚えておきたいのが「ネズミ捕りの存在を知らせてくれるパッシング」。見通しの良く広い道などでパッシングを受けた際には、特にこの可能性を思い浮かべると良いでしょう。

「ネズミ捕り」とは?

「ネズミ捕り」とは、レーダー式のスピード検知器を使用して行われるスピード違反の取り締まりのこと。見通しの良い道で気持ちよくスピードを出したあと、赤信号で止まったときに目の前におまわりさんがやって来て、路肩に誘導されて取り締まりを受けてしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。レーダーでの取り締まりに対しては探知機が売られてもいますが、すべてのレーダーに対して完璧に探知してお知らせしてくれるかどうかは微妙なところのようです。
取り締まりのしやすさや車の止めやすさの理由から、ネズミ捕りは見通しのよく幅の広い道路で行われることが多いです。そのような道路は、ついつい何も考えずにスピードを出してしまいがち。制限速度オーバーで取り締まりを受けても、警察の方に「こんな見通しの良い道なのにこんなゆっくりの速度に制限しているのが悪い!!」と言いたくなってしまったりしますが、見通しが良くてスピードを出しやすいからこそ速度を制限しているのです。当然ながら、こんな言い訳はまったく通用しません。

コムテック レーダー探知機 3.2インチ液晶・Gセンサー搭載 ZERO600V(リモコン付)

¥12,800

販売サイトへ

何にもなさそうな場所でパッシングを受けたら…

携帯やシートベルトの検問は基本的に警察官の目視によって行われますので、遠目に見て警察がいることが分かりますが、レーダーによるチェックは路上の他の物と紛れてしまい、気づかない間にスピードを出して通り過ぎてしまい、「しまった!」と思ったときには既に手遅れ、ということはよくあります。
このようなことを防ぐために、親切なドライバーは対抗車に「この先でネズミ捕りやってるよ!」とパッシングによって知らせてくれるのです。見通しの良い直線道路で対抗車からパッシングを受けた際は、まず第一にこのパッシングの可能性を考え、スピードを落とすようにすると良いでしょう。(もちろん、どんな道でも制限速度を守って走行しなくてはいけないのは言うまでもないことなのですが。)

「マナーとしてのパッシング」は減っている?

これを読んでいるみなさんのなかで、パッシングによってネズミ捕りの存在を対抗車に知らせたことのある人はどれだけいるでしょうか。
長年車に乗って仕事をしているベテランドライバーさんに話を聞くと「最近、パッシングと言えば煽ってくる後続車から受けることばかりで、親切心でパッシングしてくれる人が少なくなったのでは」と言う人がいます。また、「パッシングの意味を良く理解していない人が増えているのでは」という意見もあります。目がくらむようなまぶしい光の点滅のせいなのか、あるいはマナーの悪い車がよく使うというイメージからなのか、パッシングの悪い印象ばかりが先行してしまっていることは否めないように思います。周囲の車への思いやりを示す手段で、運転マナーを守るために使われていることも多いのに。
パッシングは、車中から周囲の車へ自分の意志を伝える重要な方法の一つです。うまく使うことで、自分の運転マナーをさらに向上させることができるはずです。

まとめ

道路上を車で走っているのは自分だけではありません。周りの車のことも考えた「思いやり運転」をすることは、マナーとしても、事故防止の観点からもとても大切なことです。ネズミ捕りをはじめとする交通違反で取り締まりを受けることは、自分が悪いとわかってはいても、やはりストレスを感じてしまうもの。みんなが余計なストレスをためずに運転を楽しめるように、パッシングをうまく活用できるようになりたいですね。ネズミ捕りを見つけたら、ぜひ対抗車にパッシングで教えてみましょう。それくらいの親切ができるくらい余裕ある状態で運転することが、安全な運転につながることでしょう。