【スバル・ビッグホーンの魅力に迫る!】希少価値が人気のアウトドア派なクロカン車!

「スバル・ビッグホーン」は、力強い走りが人気の「クロカン車」です。レトロなスタイルが、現代の若者に大変人気です。アウトドアに大変強く、どんな悪路もスイスイと走行が可能! 歴史ある「スバル・ビッグホーン」を魅力をまとめてみました。

「スバル ビッグホーン」とはどんな車?

出典:http://www.goo-net.com/car/SUBARU/BIGHORN.html

「スバル ビッグホーン」は、唯一のクロスカントリー系SUV型の車として、1988年に誕生しました。この時代は、「いすゞ」から生産されていました。また、進化を遂げ1992年に2代目が誕生しました。しかし、1993年に「いすゞ」とのOEM契約が満期となったため、生産販売が中止となってしまいました。そのため、この時代にしか作られていないこともあり、現代ではかなりのレアな車として、愛好家に愛されている代物になっているようなんです。そんな魅力ある「スバル ビッグホーン」をご紹介していきます。※年代では「いすゞ ビッグホーン」のご紹介になっていますので、ご了承下さい。

「初代のビッグホーン」はレアで人気が高い!

初代の「ビッグホーン」は1988年に誕生しました。ビッグホーンは、「いすゞ」より生産販売された唯一のクロスカントリー系SUV型として販売されたが、いろいろな改善点が見られたのと、貨物登録しかしておらず、商品価値があまりありませんでした。しかし、力強いスタイルとエンジンが、どんな道でも走行可能とされ、年月が経つにつれて、その希少価値が評価されるようになり、今では、レアな車として人気を集めています。アウトドア派に認められ。根強いファンが全国で中古を探し回っているほどです。一度乗ったら病みつきになる、ちょっと手のかかるかわいい車! という声もあるようです。

「ビッグホーン イルムシャー」共同開発の賜物!

1981年に、小型ボンネットトラックとして誕生した「ビッグホーン イルムシャー」も、とってもレアな乗用車として人気を集めています。販売当社は、レンジローバーのフロントにそっくりということが発端で、批判に合い一時は生産が危ぶまれました。しかし、次第に進化を経て、2代目まで誕生しました。バーションやタイプがさまざまで、ニーズに合わせてカスタムできるのも魅力でした。現代では、中古車でのニーズがあり、年代を超えてファンに愛されている車です!

「ビッグホーン イルムシャーrs」パワーがすごい!

1987年に「ビッグホーン イルムシャーrs」は、同年の「ビッグホーン イルムシャー」の追加として、もっと品質にこだわった形で誕生しました。しかし、この頃開発が遅れていることで、外装は好評だったものの、内装や室内の使い勝手や居住性があまり改善できずに販売したころから、生産が伸び悩む結果となってしまたようです。しかし、現代では、レアな価値が出て、人気を集めているようなんです。時代を超えて愛されている車を、ぜひ乗ってみたくなりませんか。

「UBS69 ビッグホーン」

「UBS69 ビッグホーン」は時代を感じさせるクールなボディが、現代でも人気があります。69はディーゼルでも3.1Lの排気量なのが魅力です。ガッツリしたボディーがかっこいいと女性に人気なのが、とっても意外ですよね。しかし、女性でも気軽に乗ることができるし、パワーがあるということもあり、アウトドア派な方に、とってもおすすめです!

「スバル・ビックホーン」の中古車市場とは?

「スバルホーン」の中古価格は、一般的に 45万円~138万円が妥当となってるようです。状態もよく、もともとクロカン車を意識した、悪路に最も力を発揮する「スバルホーン」は、アウトドア派な方にとっても人気です。しかし、現代では「スバル・ビックホーン」の中古車の台数ほどんどなく、「いすゞ・ビックホーン」が主流しています。1993年に「いすゞ」とのOEM契約が終わってしまったことにより、販売が終了しているためです。なのでここでは「いすゞ・ビックホーン」ン中古車情報を掲載していきます。

「スバルホーン」って何?

SUBARU EXIGA スバル エクシーガ【YA5 YAM】 SUBARUホーン[H3717YC000]

¥6,156

販売サイトへ

スバルの純正の「ホーン」は、マニアにとどまらず、一般でも人気のパーツになっています。純正のものだと、保証もありクオリティーも高いので、信頼の商品となっています。従来の音よりもはるかにかっこよく、響きわたる音に感動します。価格は、6,200円くらいが相場になっているようです。ちょっと進化をさせたスバルの「ホーン」を設置してみては、いかがでしょうか。

「スバル・ビッグホーン」のまとめ

出典:http://www.goo-net.com/car/SUBARU/BIGHORN.html

「スバル・ビッグホーン」の内容はいかがでしたでしょうか。実は、1993年に「いすゞ」とのOEM契約が満期になったため「スバル」としての「ビッグホーン」は実はとってもレアなんですよね。しかも、初代は、乗用車としての認識がなく、強さに優れていたものの乗り心地については、研究不足な点もあり、なかなか市場に出回らなかったという歴史もあり、現代ではレアな価値がついているのかもしれません。

アウトドア派な方に大人気の「スバル・ビッックホーン」を始め、後半では「いすゞ・ビックホーン」に進化して新たなスタイルを確保したのも魅力です。現代でも、人気がある「ビッグホーン」を、ぜひ一度試乗してみて下さい。そのスタイルに惚れ込んでしまうかもしれませんよね。