【ホンダ エイプ50】カブと共通のエンジンを持ち、カスタムベースとしても大人気!

誰にでも手軽に乗れる原付は魅力的な車種がたくさんあります。なかでもエイプ50はカスタムパーツの多さゆえに、さまざまなカスタムのベース車として人気があります。例えばカワサキZ2やCBX400のかわいいレプリカなんてのもあるのです。まるでペットみたいなエイプ50を紹介します!

ホンダ エイプ50とは?

ホンダNプロジェクトの第一弾目としてデビュー

製造開始は2001年で、ホンダN(ネイキッド)プロジェクトの一台目として華々しいデビューを飾りました。エンジンは過去CB50に採用されていた縦型エンジンを環境水準に合わせてデチューンし搭載。馬力は3.7psと当時の原付では非力な部類(2stスクーターなどは7.2psだった)ではありましたが、ホンダ モンキーより一回り大きい車体が当時の若者はもちろんカスタム好きに受け、瞬く間にヒットしました。

【初期モデルスペック】
エンジン:4ストローク 50cc 空冷OHC単気筒
最高出力:3.7PS/7,500rpm
最大トルク:0.37kgf・m/6,500rpm
乾燥重量:75kg

キャブレターからインジェクション仕様へ

2007年に排ガス規制が厳しくなったため、それまでキャブレターを採用していましたが、FI(フューエル・インジェクション)仕様に変更されました。これによりバッテリーが搭載されるようになりました(キャブレターモデルではバッテリーは非搭載)。

エイプ50以外のラインアップ

エイプ50には原付二種の100も存在しました。50と100の主な違いはエンジン、キャブレター(スロットル)、シート、シートレール(100は二人乗りの設計)です。もともと前後ドラムブレーキが装着され制動力が不評で、特に100ccの場合は二人乗りするとブレーキの効きが弱すぎるということもあって前後ディスクブレーキのTypeDが追加されました。

ま兄弟車として同じエンジンとフレームを共有する、オフロードモデルXR50XとR100もラインアップされ、エイプのブレーキに不満がある人はXRの足回りを流用し、ディスクブレーキ化するカスタムも流行したことがあります。

エイプ50と100はフレームが同じだからスワップも可能

エイプ50と100は基本設計が同じなのでエンジン、キャブレター、CDIを載せ替えることでスワップ可能です。その場合原付一種から原付二種に申請しなければいけません。

エイプ50はマニュアルミッションだから操作に不安という声も……

よくインターネットの掲示板などでこのような悩みと言いますが、質問を見かけることがあります。確かにクラッチの操作がわからない人や、自分は不器用だと感じている人にとっては不安だらけでしょう。場合によってエンストばかりして迷惑にならないかな? とか不安が多い過ぎて納車が億劫に感じたりすることも。

しかしご安心ください! まずエイプ50の操作は非常に簡単です。確かに慣れない間は不安だし、エンジンも上手く掛からない、発進もなんだかギクシャク、シフトチェンジのタイミングもなんだかわからないでしょう。

まずシフトパターンは「1→N→2→3→4→5」となっています。このパターンは大型バイクと同じです。ちょっとバイクの知識がある人や、センスのある人なら難なくクリアできる発進とシフトチェンジですが、上手く乗りこなせない人も多く見受けられます。そこでエイプの発進とシフトチェンジのコツをレクチャーいたしましょう! 

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/qMBV1bQuMSg" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

上記の動画はよくあるミッションバイクに不慣れな例です。まず発進が十分できていないと思いますが、エイプ50はちょっと非力なバイクなので発進時はアクセルを軽くふかし、ゆっくりクラッチを繋げていきましょう。クラッチが繋がったらアクセルを開け、次のギアにシフトアップしてください。

エイプにはタコメーター(エンジン回転数のメーター)が付いてないので、何回転まで上げて……と表現できませんが、ちょっとふかすような感じで発進の練習をしてみてください。まずは発進をマスターするような感じで、路地などでやってみましょう。

発進に慣れてきたら次はなるべくふかさないように発進できるようにしてみてください。そうすることで徐々にコツを掴み、いつの間にか無意識に発進できることでしょう。ちなみにシフトアップのタイミングはエンジンが唸り出すあたりを基準にしてください。慣れてくれば好きなタイミングでシフトチェンジできるようになると思います。

初めは意識し過ぎて動作がギクシャクすると思いますが、そのうちどの動作も無意識的にできるようになるはずです。上記の動画を参考に、楽しみながら練習もしてみてください!

青いエイプが一時的に製造中止になった本当の理由

2006年8月28日、山口県周南市にある高校の研究室で女子学生が殺害された事件があり、容疑者はバイクに乗り逃走していました。そのとき容疑者が乗っていたバイクが「青いエイプ」であり、全国に指名手配されたこともあり、この事件を境に一時的に青いエイプは製造停止されていました。

ホンダ エイプ50の中古車情報

エイプ50の中古車市場での傾向を見てみましょう。これから購入場合の参考にしてください。

エイプ50の中古車相場は5万円~50万円

まず参考程度に、新車価格はドラムブレーキのベーシックモデルが 本体価格25万円(税抜)、前後ディスクブレーキモデルのType Dが本体価格29万5,000円(税抜)となっています。

まず低価格帯ですが、ノーマルで走行距離が1万キロ以上の物件が多く見られます。エイプ50が人気となっった層は幅広く、暴走族のようなヤンチャな層にも人気があったため、いかにもそのような使い方をされたであろう外観の車体も~10万円程度に。

そのような車体が気に入ればおすすめもしたいところですが、コール(空ぶかし)など頻繁に切っていた車体の可能性が高いと考えられ、エンジンへのダメージはもちろん、特にクラッチが傷んでいる可能性が高いので避けた方が良いかもしれません。

また、10万円前半くらいから程度の良いキャブレター車、インジェクション車もちらほら出てきます。安心して購入するなら15万円以上の車体を選ぶと良いかもしれません。20万円台になると、新車または綺麗なカスタム車が占めています。ボアアップ車やホイールが変更されていたり、スイングアームをロングなものへと変更したロンスイなどさまざまなカスタムの車体を選べるでしょう。

ちなみに30万円を超える高価格帯は、前後インチアップされていたり、カワサキZ2フルキットだったりと、いわゆるフルカスタム車となっています。まるでモーターショーで見るような仕様のエイプをゲットすることができかもしれないので、趣味が合えばそういった車両を購入する方が、1からカスタムするよりも安上がりかもしれません。

では初心者はどんなエイプ50を選ぶべき?

初めて原付に乗る場合は、知識や経験不足もあることから、おすすめはやはりノーマルです。その理由はカスタム車、特にマフラーや吸気系を改造してしまうとちゃんとセッティングされていれば問題ありませんが、誰がセッティングしたかもわからない車両は故障へまっしぐらかもしれません。

ここでいうセッティングを簡単に説明すると、マフラーを交換した場合には、吸気系をセッティングしないといけないということです(キャブ車)。もし、マフラーのみを交換している場合には、混合気が薄い状態のまま走ってしまうことになり、エンジンの寿命が縮んでしまうわけです。

ですからいつ誰がセッティングしたのか、そもそもセッティングされているのかすらわからない車両はおすすめしません。場合によってエンジンのかかりも悪かったり、回転数に合わせてスロットル開度を合わせなくてはいけないなど、イメージと違うバイクに乗ることになるおそれがあります。

カスタムされたエイプ50の購入をオススメしない理由

ここでいうカスタム車は外装ではなくエンジンに手が入った車両のことです。キャブレターが大型なものに交換されていたり、カムシャフト、シリンダーなどエンジン本体がチューニングされた車両です。エアクリーナーやマフラーもエンジンのグループとします。

正直なところ一般的なバイク屋さんではそのような車両でも、まともにセッティングの状況を分析しないままと言いますか、分析をできないまま販売しているショップもあるようです。例えば知識に乏しい人が自分でカスタムしたけれど、不具合に気が付かずそのまま売ったバイクが中古車市場に流通していたり……なんてことがおこるわけです。

特にボアアップ車はセッティングが出てない(混合気が薄い、またはエンジンオイルの吐出量が足りていないなど)と、かなり早いタイミングでエンジンが故障します。ある程度知識のある人なら、購入してからセティングを変えれば状況は変わりますが、初心者の場合は経験や知識不足などの理由で、おそらくそれは無理でしょう。ボアアップ車は確かに速さがあり魅力的です。しかしノーマルではないことのリスクがあるのでそれを承知の上で購入してください。

実は、50cc登録のままボアアップしている車両が多数販売されているのでご注意!

原付免許のまま50cc以上にボアアップしてしまうと、実は脱税の容疑も掛けられるので、大きな犯罪であるということを認識しておきましょう。エイプ50だけでなく原付の場合は手軽にボアアップできるので、50ccの登録のままで乗っている人、またはそのまま販売しているショップも多く見かけます。

エイプ50の場合シリンダーがむき出しなので見る人が見ればボアアップしていることがすぐにわかりますし、加速の違いでも判別可能なので、もし、ボアップしている中古車を手にした場合は、必ず原付二種登録しましょう! バレてしまうとシャレになりませんよ!

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

ホンダ エイプ50の最高速は?

エイプ50の最高速度は60km/h?

以前、私もエイプをノーマルからボアアップや100エンジンに載せ替えたりしましたが、ノーマルの最高速度は60キロ程度です。これはリミッターではなく単純にエンジンパワーが原因でしょう。このような質問は、インターネット掲示板各所で話題となっておりますが、だいたいこれくらいと考えましょう。もちろん下り坂などの助走を使えばもう少し伸びますし、上り坂だと勾配に合わせて減速します。

おそらくエイプ50で勾配のきつい坂を登ると速度がみるみる減速するはずです。これがストレスに感じる場合もあるでしょうし、単純に最高速度を上げたい人も多いと思います。そこで先程も触れましたが、いろいろ試した中でおすすめなのが、50ccのままパワーを上げる方法です。

まず一番簡単な方法はフロントスプロケットを1T上げる方法でしょう。ノーマルは14Tですが、これを15T(歯数を上げる)にすれば最高速度は65キロ程度にアップします。原理は、自転車の変速ギアを想像してください。シフトアップするとペダルは重くなります(加速が悪くなる)が、最高速度は上がりますよね? これと同じことです。

しかしこれはパワーが上がるのではなく、加速性を犠牲にして最高速度をアップさせる方法なので加速は悪くなるでしょう。

じゃあボアアップしてパワーを上げようと考えてしまいますが、免許に制限がある人にとっては遠回りとなります。そこでおすすめなのがカムシャフト交換です。詳しい話はのちほどご紹介しますが、上手くいけば10キロ以上最高速度をアップさせることができるかもしれません! 

ホンダ エイプ50の燃費

エイプ50の燃費は70km/Lいくこともある!?

キャブレター車の実燃費は差がありますがリッターあたり45~60キロ程度です。どれだけアグレッシブに走ってもリッター40を切ることはないでしょう。同じホンダのカブ50とそれほど差はありません。

次にFI(フューエル・インジェクション)の実燃費はというと、リッターあたり50~65キロ程度です。若干良くなっていると考えましょう。どちらも走り方で燃費が一気に変わってきますし、搭乗者の体重や走行する道路状況でも変わります。

キャブもFIも条件が合えばtリッター70キロも目指せるので燃費が良いことには違いありません。通勤や通学に向いているバイクと言えます。

エイプは良いバイクですが、安く手に入れたいですよね? 発売当初から人気のあるエイプ50、エイプ100はなかなか値落ちしないものです。そこで、エイプの中古車や新車を安く手に入れる方法などをご紹介しております。購入検討中の人は見なきゃ損ですよ!

ホンダ エイプ50のカスタムパーツをご紹介

エイプといったらカスタムでしょ! 改造したくてエイプを選ぶ人も多いはずです。たくさん部品が販売されていますしどんな部品があるのかを探すだけでも楽しめます。エイプの改造を通じてバイクの整備技術などを身につけることもできるので勉強にもおすすめです。ここでは基本的なカスタムパーツをご紹介します。

部品の購入方法ですが、基本的にはバイク屋さんには在庫していないことがほとんどです。気になる部品があれば店員さんにお願いして取り寄せてもらうか、通販で購入するかになります。

インシュレーター

ポッシュ(POSH) パワーブースター APE50・XR50MOTARDキャブレター 295028

¥998

販売サイトへ

パワーアップを望むならまずはこのインシュレーターを交換しましょう。純正はわざと小さく絞ったインシュレーターが装着されています。ですので吸気抵抗になってしまいエンジンのパワーをフルに発揮できていません。

おそらく排ガス対策だったと思いますが、このようにしてパワーダウンされているのでインシュレーターを変えてみましょう。特に燃費が悪くなったりすることもありませんしセッティングもそのままで大丈夫です。

このパーツは交換してもデメリットがないので大変おすすめ!

マフラー

アールピーエム(RPM) フルエキゾーストマフラー RPM50 アルミサイレンサーカバー APE50(キャブレター) エイプ 2080

¥27,076

販売サイトへ

マフラー交換は基本中の基本! バイクといえば社外マフラーというほど音を楽しむ乗りものだったりします。くれぐれも近所迷惑にならないようにしましょう。マフラー交換をしたら必ずキャブレターのセッティングをしてください。そのままでも走れますがマフラーの特性を出しきれなかったり、ひどいとエンジンを故障させてしまいます。

すでにその経験のある人ならわかると思いますが、とても重要なことなので、たぶん大丈夫だろうと考えずに、自分で出来ない場合はバイク屋さんでセッティングしてもらってください。

マフラーにはさまざまな長さ、形、音があり、エンジンの特性を変えることもできます。好みのマフラーを探しましょう。基本的には社外マフラーは高回転型になるのでデメリットとしては低回転が遅くなってしまいます。ストップアンドゴーの多い街乗りではノーマルマフラーに比べ、遅くなってしまう場合があるかもしれません。

メリットとしては純正よりも軽量なものが多いので、車体が軽快になります。また、音はもちろん見た目もレーシーになるのでドレスアップ効果も楽しめるでしょう。

ヨシムラ(YOSHIMURA) バイクマフラー フルエキゾースト 機械曲 チタン サイクロン TC カーボンカバー APE50(-03) 110-405-8290 バイク オートバイ

¥51,262

販売サイトへ

カムシャフト

ヨシムラ(YOSHIMURA) カムシャフト STAGE-1 APE100[エイプ] NSF100 XR100 MOTARD APE50[エイプ] XR50 MOTARD 211-406-0101

¥8,481

販売サイトへ

パワーアップを考えるとボアアップを選択しがちですが、玄人はまずカムシャフトを選ぶ傾向があります。一度その変化を感じるとカムシャフトの重要性がおわかりいただけることでしょう。するとボアアップは二の次だと考えるかも?

カムシャフト交換のメリットは中回転~高回転のパワーアップが望めます。デメリットとしては低回転が遅くなってしまいますが、エイプはもともと低回転を使わないような走りができるので、それほど使いにくいとは感じないでしょう。

よほどレース仕様(高回転にのみ焦点を当てた仕様)を選択しない限りメリットの方が大きいはずです。インシュレーターに次いでおすすめのパーツと言えます。

デイトナ(DAYTONA) ハイカムシャフト バルブスプリング付 47445

¥5,317

販売サイトへ

キャブレター

クリッピングポイント製 ビッグキャブ18Φキット(ノーマルクリーナー用) 適合:エイプ50

¥12,960

販売サイトへ

キャブレターは口径を大きくするとピークパワーがアップする傾向があります。だからといってがむしゃらに大きくしても逆にエンジン出力を下げる結果となるでしょう。ノーマルエンジンなら上記の18パイ程度が上限と考えてください。ボアアップエンジンの場合は下記の20パイ程度がおすすめです。

メリットはパワーアップですが、たくさん空気を取り込む=ガソリンもたくさん使うので、燃費は悪化傾向にあります。また、ピークパワーを重視すると低回転がパワー不足になることもあるので、ノーマルエンジンは18パイまでを目安にしてください。

キタコ(KITACO) ビッグキャブレターキット PCφ20 エイプ50 XR50モタード 110-1122326

¥14,203

販売サイトへ

スプロケット

SP武川 ドライブスプロケット 15T NSR/Z50 02-05-041

¥1,236

販売サイトへ

スプロケと略されることのあるパーツでギアのことです。純正は14Tですが、これを15Tにすることで最高速を伸ばすことができます。しかしあくまでもセッティングパーツなので、さらに最高速を求め16Tなどにしてしまうと、パワー不足となり逆に遅くなることも。

ノーマルエンジンには15T程度がおすすめです。逆に歯数を減らし13Tなどにすれば加速が伸びますが最高速度は落ちます。

ビッグタンク

キタコ(KITACO) ビッグフュエルタンク コック無し APE50 690-1122220

¥14,516

販売サイトへ

純正タンクは5.5Lと原付にしては十分な容量ですが、実際乗ってみるともっと大きい方が良いと感じてしまいます。そこでキタコからは9.5Lと大容量の燃料タンクが販売されているのでこれを有効に使えば面倒な給油の回数を減らすことが可能です。

またロングツーリングでもガス欠の心配が減るので安心して知らない土地に出掛けることができるでしょう。

ヘッドライト

【マーシャル】 ヘッドライト マーシャル 819 ドライビングランプフルキット イエローレンズ ブラックケース 汎用 H4バルブ仕様 モンキー ゴリラ エイプ

¥8,640

販売サイトへ

印象をガラッと変えられるヘッドライトのカスタムも定番の改造と言えます。旧車っぽくイエローにしたり、現代風なタイプにしたり。さまざまな形が販売されています。また、角形やデュアルなど、エイプ用として販売されていないものでも他車種の流用がしやすい傾向にあるので、他人と違ったカスタムを求めるのであればそういった選択もおすすめです。

ヘッドライト ヘットライト ミラーレンズ エイプ50 BA-AC16 エイプ50 JBH-AC16 エイプ50 JBH-AC18 エイプ100 BC-HC07 エイプ100 EBJ-HC13 モンキー Z50J モンキー AB27 ゴリラ Z50J ゴリラ AB27 ドリーム50 A-AC15

¥3,726

販売サイトへ

ウインカー

クリア メッキ ウインカー 4個 セット 丸型 ミニ レンズ カラー シルバー 銀 オレンジ 2種 ゼファー バリオス ZRX エストレア モンキー ゴリラ エイプ 等 汎用 (アンバーレンズ)

¥2,040

販売サイトへ

ウインカーもヘッドライト同様に車体のイメージを変えるパーツでもあります。そして取り付けも簡単なので初心者にもぜひチャレンジしてもらいたい部品です。電球のワット数、取り付け方法さえ合っていれば専用品でなくても装着可能となっています。

大きさやデザインなどさまざまな商品ラインアップされているのでどれが良いのか探すだけでも楽しいでしょう。国内外問わず無数にあるウインカーメーカーの商品を見てこれだと思う一つを選んでください。

ホンダ ウインカー ライト 4個 セット CB CBR 用 バイク ドレスアップ カスタム パーツ クリアー スモーク アンバー 各種

販売サイトへ

テールランプ

汎用 LED スリム キャッツアイ テール ランプ 【ADVANTAGE】 ライト カスタム バイク ナンバー ステー (3、ブラック/スモークレンズ)

¥1,780

販売サイトへ

テールランプ交換もエイプの定番カスタムの一つです。基本的にエイプ用にいくつか販売されていますが、サイズが合えば汎用も可能なので、これもヘッドライトやウインカー同様選びたい放題状態となっています。カスタムする形や方向性に合わせたパーツ選びが重要となるでしょう。

注意したいのは、デザインを重視しすぎて肝心の他車からの視認性が悪くなることがあるので、よく考えて交換しましょう。

ポッシュ(POSH) ミニZ2タイプテールランプキット APE50(~'07)/APE100(~'08) 295336

¥5,391

販売サイトへ

シート

【1ヶ月保証付】【APE[エイプ]50/100】 ローダウンシート ブラック ホワイトパイピング 424

¥4,067

販売サイトへ

直接見た目と乗り心地や足つき性に関わる部分。薄くすれば足つき性はアップしますがどうしても長時間乗ることが難しくなってしまいます。またテールカウル付きなら印象をガラっと変えることができるので、どのような方向性にするのかちょっと迷いどころ。

キタコ(KITACO) シートKIT ゲルコート白 APE50/APE100 610-1122610

¥34,514

販売サイトへ

メーター

SP武川 スーパーマルチDNメーター 12V 05-05-0811

¥31,019

販売サイトへ

ノーマルはスピードメーターのみのシンプルな設計です。エイプはメーターもカスタムする楽しみがあります。シンプルなアナログメーターはもちろんアナログ+デジタル表示や純正にはない油温やバッテリー電圧が測れるなどさまざまな機能を追加することが可能です。

見た目にもかなりカッコよくなるのでメーター交換も楽しみましょう。また、取り付け位置なども工夫次第で変えられるのでいろいろ試してみてください。

ただし、デメリットとして注意したいのが、エイプの構造上、メーターを外すことが簡単なので盗難に注意しましょう。

SP武川 スーパーマルチLCDメーターキット V125 05-05-0008

¥22,472

販売サイトへ

ボアアップキット

SP武川 ボアアップキット Sステージキット 80CC APE/XR/CB 01-05-5083

¥18,006

販売サイトへ

行き着く先はおそらくボアアップになるでしょう。それもお好きな排気量にできてしまいます。例えば80cc程度もありますし、その気になれば150ccといった軽二輪クラスも可能です。エイプとどのように付き合うかで排気量を選択することになると思います。

例えばサーキット走行に取り憑かれてしまえばモアパワーを求めることになり、とことん馬力を追求するでしょう。しかしパワーを重視し過ぎると次は耐久性が損なわれてしまいます。逆に50ccでは非力だと感じれば80cc程度がおすすめとなり、ロングツーリングも故障を気にせずこなせるようになるでしょう。

単純に排気量が大きければパワーが上がるのかというと、そうでもなかったりします。その真意を実際にエンジンを自身の手で作り上げることで体験できるのもこのエイプの魅力と言えるでしょう。エンジンはどのように作ればどんな結果が得られるのか。また故障した際になにが原因だったかを追求することで、もっとこのバイクが好きになっていくでしょう。

SHIFT UP (シフトアップ) ボアアップKIT [80cc] ノーマルヘッド対応 200580

¥12,487

販売サイトへ

リアキャリア

キジマ(kijima) リアキャリア L215 H230 APE100 ブラック 210-138

¥5,900

販売サイトへ

通勤通学、街乗り仕様の必須アイテムとなるリアキャリア。これがあるだけで積載性が一気にアップします。ボックスを付けなくても紐を持っていれば荷物をグルグルと巻きつけられるので意外に大きなものまで運ぶことができるでしょう。

キタコ(KITACO) リアキャリアー クロームメッキ APE100/タイプD 653-1413010

¥4,917

販売サイトへ

カスタムパーツが多すぎて選べないという贅沢な悩みを抱えてしまうエイプ50。特に初心者なら、なにからカスタムすればよいのかわからない人も多いはず。今回は初心者向けのカスタム方法や、パーツなども紹介しています。参考にしてくださいね!

ホンダ エイプ50のメンテナンス

エイプ50のメンテナンス:まずは基本の空気圧をチェック!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/YnMBAbYtDkc" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

これは重要です。空気がなくなると自然とパンクしたりタイヤが外れてしまったりします。しかも走行中に。車も自転車も同じですがせめて1ヵ月に1度は空気圧点検をしましょう。どうするのかというとガソリンスタンドへいけば、ほぼ確実に空気入れがあると思います。そしてゲージ(空気圧計)があるので前後輪共に175kPa(1.75kgf/c㎡)に合わせてください。

この数字はメーカー指定の数字です。好みに合わせて多少増やしても良いでしょう。空気の入れ方がわからなければガソリンスタンドの店員さんに入れてもらってください。もしくはお家に自転車の空気入ればあればそれを使って空気を入れることもできます。

ただし自転車と違って入れる量が圧倒的に多いので良い運動になるでしょう。

エイプ50のメンテナンス:タイヤの減りをチェック

空気圧を確認するときに一緒にしたいのがタイヤの溝のチェックです。特にリアタイヤはフロントタイヤに比べて2、3倍早く消耗します(と言っても減りが早いわけではありません。フロントが減りにくいと考えてましょう!)。ときどきタイヤの減りに気が付かずそのまま走行しパンクさせている人を見ますが、大事故に繋がりかねないので意識してチェックするべきです。

たったそれだけのことで事故も防げますし、走行できなくなり押して家まで帰ることなども免れます。これも空気圧点検時で良いので1ヵ月に1回は見ておきましょう。

タイヤの減り具合はどのようにチェックするの?

タイヤの減り具合は溝を見てみましょう。さらに溝の間にポコっと盛り上がりがあると思いますが、それはスリップサインといって表面がこの高さまで減ったら交換ですよの合図です。そのときは速やかにバイク屋さんでタイヤ交換してもらってください。

もしスリップサインまで減っているのにそのまま走行しているとどうなるのか。普段は性能低下に気が付かないでしょう。しかし雨が降ったり急ブレーキのシーンなどの「イザ」というときに気がつくはず。「全然止まってくれないこと」に。タイヤの性能は少々悪くても普段はそのまま走ってしまうものです。しかし急な動作やスリップしやすい雨天時などは性能低下を思い知ることでしょう。

タイヤ交換代をケチってそのまま走るのもリスキーです。スリップサインに近づいてきたらタイヤ交換の準備をしましょう。上記の写真のようにワイヤーが覗いている状態はかなり危険です。グリップ力がほとんどない状態なのでいつ転んでもおかしくありませんし、バーストの危険性が非常に高いので全てにおいて危険な状態と言えます。

また、タイヤのヒビ割れもチェックしましょう。同じようにバーストのリスクが高まります。事故が起こってからでは手遅れなので、しっかりチェックしておきましょう。

エイプ50のメンテナンス:タイヤ交換費用は?

DURO(デューロ) エイプ50 エイプ100用タイヤ前後セット120/80-12-120/80-12

¥10,584

販売サイトへ

ベテラン勢になるとタイヤ交換を自分でやってしまう人がいます。しかしそれは一部の人だけのこと。基本的にはバイク屋さんで交換してもらいましょう。

では気になる交換費用ですが、まずタイヤが1本あたり5,000~6,000円程度です。それに交換工賃がプラスされます。交換工賃はお店によって異なりますが、フロントタイヤ1,500~2,500円、リアタイヤ2,500~3,500円程度のようです。なぜリアタイヤは高いのかというと、交換のときにマフラーを外したりチェーンを外したりしなければいけません。その分フロントに比べて手間が掛かるので高くなる傾向があります。

それに加えてタイヤの処分費用が1本あたり300円程度(お店によって異なります)必要です。この計算から前後交換して2万円くらい必要となると考えられます。

エイプ50のメンテナンス:エンジンオイル交換

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-40 4サイクル用 1L 08233-99961 [HTRC3]

¥860

販売サイトへ

まずエンジンオイル交換ですが、走行距離はどれくらいで交換するべきかについてですが、メーカー公表では3,000kmに一度または1年に一度です。またオイルの指定は以下になります。

エンジン・オイル:G2(10W40)
粘度(低):10W
粘度(高):40
グレード:SL
オイル全容量0.9L
オイル交換時0.8L

長く付き合うならオイル交換は定期的に行うべきです。エイプはまだ登場が2001年ですが、古い歴史のあるスーパーカブの場合ちゃんとメンテナンスしていれば走行距離30万キロ以上も可能なので、おそらくエイプもそれくらい走るでしょう。しっかりメンテナンスして思い出をたくさん作りましょう!

自分でやってみる?エンジンオイル交換方法~必要なもの~

数あるメンテナンスの中でもエンジンオイル交換は難易度が低めです。ですのでレクチャー致します。まず必要なものは17mmのめがねレンチ、エンジンオイル、新品のワッシャー(ドレンパッキン)、廃油受け、ジョーゴ、これにゴム手袋があれば良いでしょう。

自分でやってみる?エンジンオイル交換方法~早速やってみよう~

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LqlsSLoFGM0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

冬場など寒い時期はエンジンオイルが固くなって出にくくなっていると思いますので、3分くらいアイドリングしてから行うとスムーズに作業が進むでしょう。

まずドレンボルト(廃油が出るところ)を探します17mmのボルトでエンジンの真下に付いています。見つけたらその下に廃油受けをセットしてください。セットしたらボルトを緩めていきましょう。レンチでクルっと回したらあとは指で緩まるはずです。コツはちょっとエンジン側に押し付けながら、廃油を塞き止めるように外します。

ボルトが緩んだらタイミングよく、指が油まみれにならないようにサッボルトを外すのがコツです。そしてボルトにワッシャー(ドレンパッキン)があると思いますが、これを新品に交換してください。あとは廃油が全て放出するまで待ちましょう。このときオイルレベルベージを外すと廃油の出がよくなります。

(STRAIGHT/ストレート) ドレンパッキン バイク用 M12×20mm×2.0T 19-81912

¥190

販売サイトへ

自分でやってみる?エンジンオイル交換方法~オイルを入れてみよう~

さてオイルが抜けたら次は入れる作業です。ドレンを閉めたらオイルを入れましょう。オイル交換時は0.8Lですから1リットル缶の8割程度入れてみてください。少なめでも良いです。とりあえず入れたらレベルゲージを刺してどこまでオイルが入っているか確認してください。

オイルレベルゲージの見方は下がminで上がmaxです。理想はその中間くらいにオイルが浸かるように調節してください。少ないのはいけませんが少々maxより超えても大丈夫です。

レベルゲージで確認して問題がなければ交換終了! お疲れ様でした。やってみるととても簡単なのでチャレンジしてみてください。ちなみにバイク屋さんでお願いすると交換工賃はだいたい1,500円程度が相場となっています。

ホンダ エイプのまとめ

いかがでしたでしょうか? エイプの魅力には気がついていただけたでしょうか? エイプはミッション5速のバイクです。考え方によっては400ccクラスと操作の方法は同じなので、今後のステップアップ目的にも練習になると思います。

カスタムの方法や方向性の多さなどから改造の入門にも最適です。いわゆる4ミニクラスで、カブやモンキーなどと迷っている人も多いでしょう。大きな違いはエンジンがエイプは縦型、カブとモンキー横型です。その違いはなに? と考えてしまいますが、どちらもカスタムパーツが豊富で、どっちの方が速くなるのかと言われても答えは見つかりません。

それくらいに改造の幅は同じくらい広い選択肢があります。どちらにしても改造ベースにもってこいです。もちろんノーマルで乗るにも適したバイクとなっています。エイプ50は遅いなんてよく言われますが、原付の法定速度内で走るには十分のパワーです。ゆっくり景色を楽しみ、土地の香りを感じるにはちょうどいい速度と言えるでしょう。

おそらくこのエイプというバイクは今後も人気が続き色褪せないと思います。もし気になっているようであれば一度乗ってみてください。きっと満足していただけると思います。

大学生などに大人気の原付ですが、実際に買うとなったらどう選べばいいか、何がいいのかなど疑問ばかりですよね。人気の原付やおすすめの原付などをまとめました。バイク選びの参考に是非してください。