お得に通して節約! 車検術!

新車購入時で三年に一度、それ以降は二年に一度訪れる車検。車検は自動車を安全に乗れるように整備を行い、車検取得から二年間道路上を走ることができる、車にとって定期検診なようなものです。そんな車検をお得にしっかりと行うことができる術を紹介します!

車検ってどこでするの?

車検について簡単に説明!

まず、車検について簡単に説明させていただきます。車検とは、新車購入時で三年に一度、それ以降は二年に一度だけ自動車が安全に行動を走れるように整備、点検を行う国が定めた義務です。その車検ですが、国から車検を行ってもいいと認定を受けた工場は自社工場で車検の全てが完了します。認定を受けていない工場は、車両を預かり、整備を行い検査を認定工場に外注という形で行います。車検時にかかる費用は、税金や自賠責保険なども同時に支払いますのでここの値段のラインは変更が効きません。では、どこの部分を下げて車検代を節約すればいいのでしょうか? それは、基本料金を下げ交換部品点数を減らす事です! もちろん、消耗品や交換必要部品は交換する必要がありますが、まだ使える部品まで交換してしまうのはもったいないです。

ディーラー車検

多くの方が、車を購入してからディーラーで整備を行い続けていると言った方が多いと思います。その場合の多くが、車検もディーラーで行う事が多いです。しかし、このディーラー車検は高いと噂されている事をご存知でしたでしょうか? ディーラー車検ですと、基本的にまだ使えそうだけどという部品は基本的に交換扱いになります。「次の車検で交換すればいいかな。」という考えが基本的にありません。安全に走行するというモットーの下に行っているので、少しでも不安のある部品に関しては交換になります。その結果、高額な見積もりになってしまうのですが自動車に無知の方は承諾してしまうのです。ディーラー車検は安心なのですが、他店の車検取り扱い店舗に比べますと値段が高いという事を覚えておいてください。

価格が高いことから敬遠されがちなディーラー車検ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。他の車検方法との違いやディーラー車検のデメリットについてもご紹介いたします。読み終える頃にはディーラー車検の概念が変わるかもしれません。

車検専門店

最近、街でも多く見かけるのが車検専門店です。この車検専門店は非常に安値で車検を通す事ができます。その理由としては、車検に通る最低ラインで車検を行います。ディーラーのように不安な部品は全て交換なんて事はせずに、完全にアウトな部品のみ、消耗品の交換のみで車検を行います。そうする事で、交換部品の点数がディーラーに比べて少なくする事ができるので値段が安くなります。かといって、車をしっかり見ていないわけではありません。一級自動車整備士がしっかりと見て判断してくれます。また、見積もりの際にも整備士の方が立ち会って交換部品の説明をしてくれる店舗も多いようです。消耗品に関しても、今後の乗る予定などをふまえて相談に乗ってくれるので、無駄な部品交換というのが殆んどないです。

どうやって安く済ませられるの?

見積もりのどの部分で値引きが期待できるの?

車検代って意外にも費用がかかります。税金や保険料などは値下げができませんが、意外なことにも車検代は値引きが効くケースがほとんどです。それは、交換部品の点数を減らすことが値引きへの第一歩です。ディーラーなどですと、基本的に部品全交換での最高値での見積もりを出してくる事がほとんどです。しかし、その多くの部品が次の車検でも大丈夫なんて部品が多いのも事実です。車検代を少しでも安く済ませられる術を紹介します。

相見積もりをとる!

普段、ディーラーで車検を行っていて今回も引き続きディーラーでの車検。見積もりをとってあまりにも高額でビックリ。営業マンは車両の買い替えを勧めてくるし、たしかにこんなに高額なら買い替えた方がいいかなとお悩みの方いらっしゃいませんか? その高額な見積もり。大幅に値引きできる事が期待できます。ディーラーの車検はある程度年式が古い車種ですと車検を機会に買い替えを勧めてきます。そこで、ディーラーの見積もりを持って、民間の車検屋に足を運んでみてください。そちらで見積もりをとってみると、大体が安い見積もりが出ることが多いです。民間車検屋ですと、車検を通す事が仕事になるので大幅に値段の差が出ます。
その見積もりを持って、ディーラーにいってみてください。車検の整備項目の見直しをして値引きを期待する事ができます。

ユーザー車検

車検を最安で通す方法はユーザー車検です。ユーザー車検は自分で車の整備がある程度できて、車検合格ラインまで整備ができる方にオススメです。自分で持ち込んで車検を通すことになりますので、ある程度知識が必要とされます。車に関しての知識が皆無な方にとっては難易度が少々高いユーザー車検ですが、整備ができて車検に対する知識があるのでしたらユーザー車検がオススメです。

ユーザー車検は安いと言うが、いったいいくらなのでしょうか!? まとめてみましたので、是非ご覧ください!

まとめ

車検を安く通す方法について説明させてもらいましたが、車検は必ず行わなければいけない義務です。必ず通さなければいけないからこそ、お得に行いたいものです。車検を通せば二年間行動を走る事ができますが、残念ながら諸事情により手放す予定がある時などは費用を極力抑えたいものです。車検を通す際は、その車との今後の付き合い方を踏まえ相談する事が重要です。ディーラー車検で徹底的に整備されている車両は確かに安心して乗る事ができます。確かに消耗した部品は交換する必要がありますが、まだ使える部品までも交換してしまう事で車検代が高くついてしまう可能性もあります。 生活の必需品となった自動車。自動車と賢く付き合うために、賢く車検を通しましょう!