【ダイハツ クー】3社で共同販売されていた珍しい車

ダイハツのクーはちょっと大きく見える車体ですが、基本的にはコンパクトカーサイズ。なので低燃費で小回りクルクル。四角いボディーなので運転もしやすく初心者から幅広い層に支持を得ています。今回はそんなダイハツ クーの魅力を探ってみました!

ダイハツのブーンをベースに開発されたクー

ダイハツ クーの販売期間は2006年~2013年

クーはダイハツブーンをベースに開発された普通車サイズの5ドアトールワゴンです。トヨタからはbBの名で販売されていました。クーはかわいくbBは格好良い、そんな印象です。またクーをベースに少しデザインの違うタイプもスバル デックスとして販売され、合計3社の共同販売をしていた珍しい車でもあります。

画像はスバルデックスです。

こちらはトヨタ bBです。クーとはヘッドライトやバンパーの形状が異なり随分と印象が違うことがわかります。

ダイハツ クーのスペック


ボディタイプ:5ドアトールワゴン
乗車定員:5人
エンジン:直列4気筒1,300cc/直列4気筒1,500cc
駆動方式:FF/4WD
変速機:4AT
車両重量:1,060-1,120kg

大きく見えるがコンパクトサイズ

パッと見た感じだと少し大きく感じますが、実際はとてもコンパクトで初心者にも運転しやすい車です。もともと若者がターゲットとなっているこの車、実際若者を中心にヒットし、軽自動車からのステップアップや奥様のお買い物車などに選ばれることが多くその人気は現在も続いています。

すでに製造は終了していますが、中古車市場でも高い評価を得ており、その人気は当分続くことでしょう。

ダイハツ キャストと比較されるクーですが……

同じダイハツの軽自動車であるキャストと比較される傾向がありますが、そもそも4人乗りの軽自動車と5人乗りのクーと車格が違います。税金などの関係ではクーの方が圧倒的に高くなりますがキャストはまだ登場間もないモデルです。購入価格はクーと比べると数十万円高くなってしまいます。このことからよく考えて車選びをする必要があるでしょう。

しかしライフワーク上、軽自動車の限られた大きさで済むのであればキャストの方を選択する方が良いかもしれません。初期投資は確かに10万円や20万円ほど掛かってしまいますが、後の売却なども含めて結果的に経済的なのはキャストになる確率が高くなります。一概に言い切れませんが、そのような傾向があると考えましょう。

現在中古車でしか手に入れることができないクーは売却時の価格はほぼゼロと考えていた方が良いかもしれません。

ダイハツ クーの中古車情報

中古でしか手に入らないクーの相場などを見てみましょう!

クーの中古車の相場は1万円~128万円

中古車相場は1万円~128万円となっています。流通台数もそこそこあるので中古車探しに困らないでしょう。低価格帯は走行距離10万キロ前後の物件が占めており、中には程度の割に安い値段を設定した目玉車となっている車両もチラホラ見られるので、そのようなお買い得車は積極的に狙っていたいところです。

また高価格帯は走行距離5万キロ以内の低走行車が多く見られます。より程度の良い車両をお考えなら高価格帯から選ぶのが良いでしょう。基本的に頑丈なエンジンなので例え10万キロを越えていても、特に異常がなければ問題無く選んで良いと思います。もしお店の都合が良ければ試乗してみましょう。それだけでも安心です。

クーの燃費は?

もともと燃費が良いと評判のクーですが、実燃費情報を集めてみました!

実燃費は9~14km/L

【1,300cc/FF】実燃費はリッターおよそ11~14キロ
【1,300cc/4WD】実燃費はリッターおよそ11~14キロ
【1,500cc/FF】実燃費はリッターおよそ10~14キロ
【1,500cc/4WD】実燃費はリッターおよそ9~13キロ

全体の印象としては1,300ccと1,500ccの差ははそれほど感じません。ただ少しだけ排気量の小さい1,300ccの方が伸びるイメージはあります。どちらの排気量にも言えますが、条件が揃えばリッターあたり15や16キロと言った低燃費運転も可能なようです。

広い室内のクーですが、車両重量が軽いため燃費が伸びる傾向があります。このことから人数を乗せたり荷物を載せたりするシチュエーションが多い人は軽自動車を選ぶよりクーを選んだ方が燃費が伸びるかもしれません。

と、言うのも排気量の大きい普通車の方がパワーがあるので少しのアクセル開度で走行することができます。反対に排気量に制限がある軽自動車ではアクセルを踏まないと加速しない=燃費が悪くなる傾向があるので、少し不利かもしれません。

このことから荷物が必然的に増えてしまうようなキャンプ、スキー、スノーボードなどのアウトドアを趣味としている人にもクーはとてもおすすめです。目的地まで低燃費でスイスイ走ってくれるでしょう!

ダイハツ クーのまとめ

いかがでしたでしょうか? ダイハツ クーの魅力には気付いていただけたでしょうか? 低燃費でどこまでも走るような、故障も少なく運転しやすいので初心者にもとってもおすすめな車です。また見た目のかわいさもあり男女問わず乗ることができるでしょう。

広い室内で音楽を楽しみながらどこかドライブしてみませんか? 車中泊にも向いていますよ! あなたの生活をもっと楽しくしてくれる。そんな車がダイハツ クーです! 最後までご覧くださいましてありがとうございました!