【マツダ タイタン】歴史あるトラックをご紹介!価格や中古車情報など情報盛りだくさん!

マツダのトラックといえば「タイタン」ですよね。歴史の深い「タイタン」は、現在でも需要が多く、日々進化を遂げています。今回は、その魅力ある「タイタン」をフォーカスしていきます。また、パーツや価格、中古車の情報などをまとめてみました。

「マツダ・タイタン」とは?

1971年に初代の「タイタン」が誕生しました。初代から現在では7代目まで進化を遂げている「タイタン」は、2人乗りのトラックでプロの仕事車用として活躍してきました。1.15~3トン積のディーゼルトラックとなっており、さまざまな仕事のニーズに対応しているため、とっても人気があります。普通免許やAT限定免許でも対応できるバリエーションで、1台あれば、どんな方でも使用できるので、仕事がはかどります。クセのないシンプルなデザインも、人気の秘訣かもしれません。

公式サイト

「マツダ・タイタン」を比較してみよう!

いざ、トラックを購入する際に、他の車とどんな部分が違うのかを比較してみたくなりますよね。今回は、「マツダ・タイタン」と似たような車種を選んで比較してみました。メリット、デメリットを把握しておくのは、とっても重要なことですよね。ぜひ、参考にしてみて下さい。

1「日産アトラス」スムーズで乗り心地が最高!

日産 の「アトラス」は、小型、中型トラックを主に指し、価格もリーズナブルな設定されており、気軽に乗れるトラックとしても人気を集めています。中古車の相場が安く、9.8万円~579万円 (カーセンサー情報)となっており、排気量は1,600~5,200ccと、小さいタイプのトラックもあることがわかります。年式が古いものに関しても、故障に強く、現代でも現役で走行できる中古車もあるのが、びっくりですよね。

初代の「アトラス」は、1985年に誕生しました。現代までに3代目を生産しており、日々進化を遂げています。2015年には「低排出ガス車」として認定を受け、エコなトラックとしても良い印象を与えてくれます。仕事を円滑にこなせる車として、人気を集めているようです。

2「三菱キャンター」力強さには負けない!

三菱の「キャンター」は、小型トラックの需要が多いイメージがありますよね。排気量は、2,000~3,000ccタイプが主流ですよね。中古車の相場は、9.8万円~409万円(カーセンサー情報)となっています。最近では、積雪地域や山間地域での走行に最適な4WDモデルなど、新モデルが誕生をしています。小回りが利くトラックなので、女性でも気軽に走行することができるのも、魅力かもしれません。

1963年に初代が誕生し、現代は8代目まで進化しており、2013年には「第3回かながわ地球温暖化対策大賞」を受賞するなど「キャンター」もエコトラックとして負けません。また2014年には「ワイドキャブ超ロング車型」を誕生させ、話題を集めました。

3「日産 タイタン」スマートでかっこいい!

日産の「タイタン」は「フルサイズピックアップトラック」として、国内外で大変人気の高いトラックです。トラックといっても、仕事で使用するよりも、自家用車や趣味で活躍しています。山や海でもガンガン走行できる強い車のイメージです。また、排気量が5,600ccもあるので、とにかくパワフルに乗り回せるといった印象です。また中古車の相場は、159.8万円~458万円とレベルは高いですよね。ハイクオリティーでおしゃれな印象が強いですよね。

2003年に初代が「北米国際オートショー」にて、誕生を発表し、一躍有名になりました。しかし、日本ではかなりの排気量がデメリットとなり、海外での販売が主流となっているのも現実です。かっこいいステイタスな「フルサイズピックアップトラック」を、一度乗ってみたくなりますよね。

「マツダ・タイタンの価格」はどのくらい?

それでは、気になるマツダの「タイタン」の価格を、ここで比較してきます。まず、新車で購入する際には、仕様装備で価格が変わってきます。まず初めに「デラックス」で、3,0LDEターボ(2WD)で2トン車の場合は、4,074,000円(希望小売価格)となるようです。オプションなどでも、価格は変動してきますよね。「デラックス」の場合、2,862,300円~4,106,550円が相場のようです。

「マツダ・タイタンの中古車」ご紹介!

マツダ「タイタン」の中古車の相場は、年代やランク、状態でかなり変わってくるようですね。しかし「タイタン」の良いところは、年式が古くても、メンテナンス次第で、まだまだ走行してくれる強い面もあります。なので、価格だけで判断するのではなく、メンテナンスや状態をしっかり把握してから、購入を考えることが重要となってきますよね。

1「マツダ タイタン・1,5tDX・フルワイドロー・ディーゼルターボ」

「マツダ タイタン・1,5tDX・フルワイドロー・ディーゼルターボ」は、走行距離が2,5万kmで、車検整備付となり、本体価格198万円が相場となっています。こちらのトラックは、2014年式でとっても状態が良く妥当な価格になっていますよね。整備点検がしっかりしているのも魅力です。こういった、状態が良いものは、すぐに販売されてしまうので、気になったらすぐにアクセスする方が、いいかもしれませんよね。

詳細ページ

2「4.8 強化ダンプ フルワイドロー ディーゼル・強化ダンプ・フルワイドロー・5速MT」

こちらの中古車は「4,8強化ダンプ」とパワーのあるトラックになっています。2007年式でちょっと年代は下がり古くなりますが、7.2万kmで修復歴がないのもメリットです。また、本体価格で208万円となり、かなりお手頃になっているようです。こちらは、5速MTとなっておりマニュアル派の方におすすめです。最低限の装備が備わっているので、すぐに走行できます。力強いパワーで、どんな仕事でも完全サポートできるトラックは、マツダの「タイタン」だから成せるのかもしれませんよね。

詳細ページ

「マツダ・ボンゴ」小回り上手なトラックが人気!

「マツダ・ボンゴ」は、小回りが自由自在となっており、どんな場所でも臨機応変に対応できる優れた「キャブオーバースタイルのワンボックス商用車」となっています。「もっと仕事をスムーズに」をコンセプトに作られた「ボンゴ」は、タイトに仕事をこなしたいあなたにぴったりです。平成17年に「基準排出ガス75%低減レベル」を認定したエコなトラックとしても生まれ変わり、仕事のニーズにこたえるために日々変化し続けています。希望小売価格は、1,645,350円~2,005,500円となっており、タイプやグレードによって異なってきます。

1966年に、新規車種として誕生し、現在までに4代目まで成長をし続けている人気のミニキャブです。かわいらしいのに、パワーがある、なんとも頼りになる一台ですよね。

公式サイト

「マツダ・タイタンの排気ブレーキ 」はどんな役割を果たすの?

トラック特有のブレーキ「排気ブレーキ」について、ここで触れていきます。そもそも、「排気ブレーキ」とは、どんなものなのでしょうか。トラックには、常用ブレーキ(フットブレーキ)、駐車ブレーキ(パーキングブレーキ)、補助ブレーキ(排気ブレーキ/リターダ)の3つが主に搭載されています。「排気ブレーキ」は、車両総重量3.5トン以上のトラック・バスに搭載されている「補助ブレーキ」と考えてもらうとわかりやすいですよね。

その「排気ブレーキ」は、よくトラックが停車する際に「プシュー」を大きな音を立てながらブレーキがかかるときに作動しているようです。ただのブレーキだけでは、重い荷を積んでいるトラックやバスはすぐに停まってはくれませんよね。そんな時に、働きかけてくれる大切な「ブレーキ」の役割を果たしてくれるようです。

マツダ「タイタンの排気ブレーキ」も、とっても強力な力を発揮してくれるようです。新型では、手元のバーに「排気ブレーキ」のスイッチが採用してあるので、とっても便利です。

「マツダ・タイタンのパーツ」のご紹介!

イメージ画像

ここからは、マツダの「タイタンのパーツ」をご紹介していきます。ホイールやタイヤなどの強化を図るパーツや のようなパーツまで

1「ワイドトレッドスペーサー」強度が増す!

「ワイドトレッドスペーサー」は、ホイールの強度を高めるパーツです。DIGICAM正規品で、価格は6,980円です。こちらは、マツダ「タイタン」も対応しているので、安心して使用することができます。毎日使用するトラックだから、強度を考えたパーツを使用したくなりますよね。

2「新型LEDキット・小型ファンレスタイプ」夜道も安心!

「新型LEDキット・小型ファンレスタイプ」は、年々進化している「ライト」でも、新型の「LED」を採用しており、とっても人気が高いパーツとなっています。価格は9,980円で販売されており、相場は10,000円前後となっているようです。パワーもあるので、どんな夜道でも安心して走行できます。取り付けも簡単です。カラーシートの調節も可能なのもうれしいですよね。

「マツダ・タイタンのカタログ」のご紹介

マツダの「タイタン」の最新カタログをご紹介していきます。「タイタン」のグレードはさまざまで、価格は4,088,700円~5,236,350円となっています。排気量は3,000ccで強いパワーで走行可能! シフトは、5MT、5AT、6ATがあり、選べるのがいいですよね。また、FR、パートタイム4WDもあり、どんな道でも走行可能となっています。また、1L/7,30km~10,60kmと燃費も大変よく、エコの分野でも活躍してくれそうです。現在では「タイタンダッシュ」のように、5人が乗れる便利なトラックも人気です。

新車のカタログ

「マツダ・タイタン」のまとめ

マツダの「タイタン」の魅力についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。マツダのトラックの代表のような「タイタン」ですが、大変歴史があり、ニーズに合った進化が目まぐるしいですよね。また、トラックは、なんとなく「燃費が悪い」というイメージが先に来てしまいますが、最近では、とってもエコなエンジンを搭載しているので、燃費も大変よくなっているのが、驚きでしたよね。

スタイルも、とってもシンプルで運転しやすい車内なので、仕事がはかどりますよね、また、オプションや装備が充実しているので、購入する際に、ぜひカスタマイズしてみるのも楽しみですよね。働きやすい環境を提供し続けるマツダの「タイタン」で、仕事がスムーズになること間違いありませんよね。