【シボレー エクスプレス】1ナンバー登録の方法からスタークラフトまで気になる情報を紹介!

アメリカで絶大な人気を誇る商用車エクスプレス。車中泊におすすめな豪華仕様のスタークラフトからお得な1ナンバー登録の方法まで、エクスプレスに関する様々な情報をお届けします。

シボレー エクスプレスとは?

ゼネラルモーターズ (GM)が製造し、世界戦略ブランドとして展開している「シボレー」ブランドから販売しているフルサイズバンがエクスプレスです。シボレーの代表的なバン「アストロ」よりもさらに一回り大きなサイズで、車としては「シェビー バン」の後継車種という位置づけになります。

ちなみにシボレーは正確に発音すると「シェブロレイ」となりますが英語圏ではこの発音が困難なことから、「シェビー」という愛称が広く使われるようになったと言われています。

数多くの仕様が存在し、日本にも導入されている商用車

シェビー バンの後継車として登場したエクスプレスは、日本車で言うところのハイエースやキャラバンのような商用車として広く認知されている車です。一方、大家族でも問題なく使用できる大型ミニバンとして活用されたり、特殊な改造を施した軍・警察用車両として使用されたり、スタークラフト社に代表されるVIPやキャンピング向けの豪華なコンバージョンモデルが製作されるなど、ニーズに合わせた多様な車種展開をしている車です。

日本向けにはスタークラフト社に代表される豪華なモデルや、防弾ガラス仕様の車両が警視庁や大阪府警などに導入されているので、日本の道路でも走っている姿を見ることができます。

「スタークラフト」「パッセンジャー」「カーゴ」という用語について

エクスプレスの中古車などを調べていますと、「スタークラフト」「パッセンジャー」「カーゴ」のような用語を見かけることがあると思います。これはエクスプレスの仕様を表した用語になります。簡単に説明してみましょう。

まず「カーゴ」ですが、これは運転席と助手席だけを残し、それ以降のスペースを荷台として使用できるようにした、業務での使用を前提としたモデルです。日本で言うところのハイエースやキャラバンのような車です。日本車ではこうした仕様の車は「カーゴ」ではなく「バン」と表記するのが一般的です。

次は「パッセンジャー」です。英語の意味は乗客で、そのまま前席2列目・3列目と座席スペースを設けた、一定の人数を乗せることを想定した車両を指します。後述する「スタークラフト」もあることから、このパッセンジャーはもっぱらホテルなどの送迎するバスなど客車としての車に使用されることが多いようです。もちろん、一般家庭でミニバンのように使用される例もあります。

エクスプレスの代表格、「スタークラフト」

「カーゴ」と「パッセンジャー」がメーカーで設定されるグレードなのに対し、「スタークラフト」は車両を改造して販売するアメリカの有名コンバーション(ベース車両に仮装を施し特別な仕様車を作成すること)メーカー「スタークラフト社」が手がけ、同社から販売されたモデルを指します。豪華なオットマン付きソファーや革張りの内装など豪華な装飾を施し、全高を高く改造することで圧倒的な広い室内空間を持つ豪華な空間を作り出しているのが特徴です。

この「スタークラフト」から販売されたエクスプレスは日本にも正規導入され、三井物産オートモーティブからG-Vanという名称で販売されていました。残念ながら2011年には販売および三井物産オートモーティブでのアフターサービスは終了し、現在はGMジャパンでアフターサービスのみ受けることができます。

シボレー エクスプレスの新車販売価格は?

新車を並行輸入した時の参考価格がこちらです!

日本の並行輸入業者から新車のシボレーエクスプレスを購入することが可能です。為替変動に連動した参考予想価格が掲載されています。2016年6月現在の参考価格は下記のとおりです。

シボレー エクスプレス LS RWD 1LS PKG
エンジン: V8-5.3L
車両本体価格:¥4,410,000

シボレー エクスプレス LS AWD 1LS PKG
エンジン:V8-5.3L
車両本体価格:¥4,820,000

シボレー エクスプレス LT AWD 1LT PKG
エンジン:V8-5.3L
車両本体価格:¥5,070,000

ちなみに公式サイトでエクスプレスのパッセンジャーモデルをV8 6.0Lエンジン仕様で簡易見積もりをしてみるとこうなります。

$38,145、日本円で¥3,990,120(USD/JPY103円)

ここに輸入時関税、輸送費、日本国内の車検に対応するための仕様変更費用、並行輸入業者の手数料などが加味されます。個人輸入に掛かる煩雑な手続きになども加味すれば、並行輸入業者の提示する金額は妥当と言えるかもしれません。簡易見積もりができるシボレー公式ホームページへのリンクを掲載しておきますので、新車での購入を検討している方は参考にしてみてください。

The right choice for you and your travelers: learn more about the 2016 Express full-size passenger van at Chevrolet.com.

シボレー エクスプレスのスペック

全長とホイールベースから見て取れるエクスプレスの大きさ

出典:http://www.chevrolet.com/express/passenger.html

FRもしくは4WDの駆動方式にV8 6.0Lガソリンエンジンを搭載し、2.5トン越えの車体を動かす重量級の車です。2005年のパッセンジャーモデルだと全長が5,691mm、ホイールベースが3,430mmという乗用車とはとても思えない数字になっています。日本車でこのサイズだと2トントラックのような車を想像した方が良いかもしれません。

アメリカ本国ではハイエースやキャラバンのように使用される車ではありますが、もし購入を現実的に検討されているのなら、ハイエースやキャラバンより一回り以上は大きい車だと認識しておいたほうがよいでしょう。日本国内の立体駐車場にはまず収まりません。

バブル後期ということもあり、豪華なモデルが多数日本に導入された

日本には商用目的に簡素化されたパッセンジャーモデルは警察や自衛隊向けのモデルを除きほとんど導入されず、ミドルクラス以上のある程度装備が充実している車両がメインで導入されていました。日本ではアメ車としてのステイタスを求めて購入する方が多く、実用車ではなく趣味性の高い車と認知されました。

バブル後期の日本がまだ裕福な時代に、富裕層向けに豪華装備を満載したコンバージョンモデルがさかんに輸入されたことなどが、日本にはミドルクラス以上のエクスプレスが多く導入された背景だと言えます。

下には三井物産オートモーティブが正規輸入し販売していたエクスプレスのコンバージョンモデル、スタークラフト G-Vanの主要諸元を掲載しています。

主要諸元

エクスプレス スタークラフト G-Van ベースグレード(2004年4月)

新車価格:6,701,100円

ボディタイプ:ミニバン・ワンボックス
ドア数:4ドア
乗員定員:7名
全長×全幅×全高:5,620×2,060×2,320mm
ホイールベース:3,430mm
車両重量:2,620kg

エンジン
最高出力:245ps(180kW)/4,600rpm
最大トルク:45.6kgf・m(447N・m)/2,800rpm
種類:水冷V型8気筒OHV
総排気量:5,727cc
燃料タンク容量:117リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

足回り系
サスペンション形式(前):ダブルウィッシュボーン式コイル
サスペンション形式(後):車軸式リーフ
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前):235/70 R15
タイヤサイズ(後):235/70 R15

駆動系
駆動方式:FR
トランスミッション:4AT

シボレー エクスプレスの燃費は?

カタログ燃費が不明ですのでメーカーがどれくらいの燃費を想定しているのかはわからないのですが、日本国内の燃費情報を総合すると、5.6リッタークラスのエクスプレスでも街乗りで6km/Lくらいの数字はでるようです。2.5トンを超える車両重量のコンバージョンモデルでも燃費性能はあまり変わらないようで、エンジンや車体サイズを考えるとなかなか高燃費だと言えるのではないでしょうか?

案外燃費が悪くないのはなぜなのか?

悪くない燃費の秘密は、巨大な大排気量V8エンジンが生み出す圧倒的な低速トルクにあるようです。アイドリングでは700回転、そこからわずか2,000回転までエンジンを回すだけで時速100kmに達してしまうのです! 高速道路でも街乗りでも意図的にアクセルを踏まないかぎり、2,000回転以上エンジンを回す機会がないのです。この回転数を上げなくてすむというのが、思ったより悪くない燃費性能を生み出しています。

シボレー エクスプレスは1ナンバーに登録できる?

維持費について、メリットの多い1ナンバー登録

維持費が安くなると言われる1ナンバー登録ですが、具体的なメリットは自動車税・重量税・自賠責保険といった各種税金や保険料が通常登録する3ナンバーに比べて安価になることです。3ナンバー登録では車両重量や排気量の大きいエクスプレスのような車だと、3ナンバー登録と1ナンバー登録を比較すると2年間で合計15万円近く1ナンバー登録のほうが各種税金や保険料が安くなってしまうのです! デメリットも多いのですが、検討してみる価値はあります。

1ナンバー登録のデメリット

1ナンバーのデメリットをあげていきますと、

・毎年車検を受ける必要がある。
・構造変更により乗車定員を減らす必要がある。
・中型車扱いになるため、高速道路の料金が普通車に比べて割高になってしまう。
・車両保険を付けられない場合がある(保険会社によりけり)

といった点があげられます。よほど高速道路を多用しない限りは、エクスプレスのような3ナンバー登録時の維持費が高額な車種だと、1ナンバーで登録しておいた方がお得です。

エクスプレスを1ナンバーで登録する具体的な方法がこちら!

最寄りの陸運局に車両を持ち込み、構造変更車検を受ければ1ナンバー登録は完了です。

1ナンバー登録車両の条件は、「室内の半分以上を荷室として利用できる」ことです。日本国内のエクスプレスはほとんどが3列目までシートがある「パッセンジャー」だと思われますので、構造変更車検を受けるためには3列目シートを取り外す必要があります。室内空間の広いエクスプレスだと、これだけで1ナンバーに登録することができます。3列目シートがなくなりますので、当然乗車店員も少なくなります。

アメリカ本国で販売している「カーゴ」なら、元々シートがないのでそのまま1ナンバー登録が可能ですが、日本国内での流通台数はあまり多くありません。

中古車で流通している1ナンバー登録のアメ車を見てみますと、エクスプレスに限らず3列目シートを外して構造変更を受けた車両がほとんどです。

ライバル車との比較

アメリカンなサイズのフルサイズバンとして個性的な魅力を放っているエクスプレスですが、当然競合するライバル車も存在します。後悔しない車選びには、ライバル車種を調べておくことも重要なポイント。エクスプレスの購入を考えている方は参考にしてみてください。

【GMC サバナ】エクスプレスの姉妹車

ゼネラルモーターズ(GM)が北米及び中東向けに商用車やライトトラックの販売を手がけている「GMC」というブランドがあり、そこから販売されているフルサイズバンがサバナです。名称は変わっていますがエクスプレスの姉妹車で、販売ブランドと名称が異なるだけで全く同じ車です。

日本にも並行輸入されているため、中古車市場にも結構な数が流通しています。商用車ブランドであるため「カーゴ」仕様が多いのかと思いきや、こちらもエクスプレス同様ルーフを高くした「パッセンジャー」や「スタークラフト」製コンバージョンモデルがほとんどです。

日本国内でのエクスプレスの購入を考えるなら、サバナもチェックしておくと選択肢が広がります。

【シボレー アストロ】十分にアメリカンなエクスプレスの弟分

最大でもV6 4.3リッターエンジンまでしか搭載されない、エクスプレスより一回り小さなバンがシボレー アストロです。サイズこそ若干小さくなってしまうアストロですが、注目なのはアストロでも多数制作され、日本にも導入されている、スタークラフト製コンバージョンモデルです。

シボレー アストロ及び姉妹車であるGMC サファリのコンバージョンモデルはエクスプレスよりもコンパクトなサイズが日本の道路事情に比較的マッチしていることもあり。エクスプレスよりも多くの車両が日本の中古市場に流通しています。エクスプレスでは駐車スペースの確保が難しいという方は、アストロがおすすめです。

ちなみにアストロも1ナンバー登録が可能ですが、アストロの場合は3列目シートだけでなく2列目シートも外さないと荷室スペースが十分にとれません。そのため1ナンバー登録すると運転席と助手席しか残りません。2列目シートがリクライニングしなければこの限りではないのですが、アストロの1ナンバー登録を考えている場合には注意が必要です。

【シボレー サバーバン】アメリカ伝統の大型SUV

1935年モデル

2015年モデル

1933年から2016年6月現在まで11代に渡り販売され続けてきた、シボレーの伝統的なフルサイズSUVです。初代から2代目、3代目辺りの車両は大変趣のあるクラシックな車でして、エクスプレスとはまた違う魅力を放っています。

現行型では最大8.1リッターの大排気量V8エンジンを9人乗りも可能な大柄のボディに搭載するフルサイズSUVとして、今でも北米市場では高い人気を博しています。現代風の洗練されたデザインやエアロダイナミクスを取り入れたボディを採用するなど、商用利用を前提として開発されているエクスプレスと比べ、スペシャリティカーとして装備が非常に充実している車と言えます。

オプションでは20インチの大径アルミホイールの他、なんと防弾ガラスや防弾装甲仕様まで選択でき、シークレットサービスがアメリカ大統領の警護で実際に使用しています。

【トヨタ アルファード ロイヤルラウンジ】後席はまさにファーストクラス!

出典:http://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

エクスプレスのスタークラフト仕様を遙かに超える豪華さを備え、素晴らしい室内空間を実現した自動車が日本車、それがトヨタ アルファード ロイヤルラウンジです。

トヨタ最大サイズのミニバンであるアルファードをなんと4人乗りの乗車定員にしてしまい。2列目、3列目シートが収まっていた空間に、ファーストクラスを思わせる大型の本革張りリクライニングシートを2座だけ搭載した、あまりにも贅沢な車です。

様々な快適装備が搭載されており、専用シートには「リラクゼーションシステム」と題したマッサージシステム、音響は前17スピーカーからなるJBL社製の高級サウンドシステム、シート前方にある大型ディスプレイから動画などを楽しめるロイヤルラウンジなど、充実した装備を誇ります。

税込み¥13,878,982からと、もはやミニバンとは思えない金額となっていますが、非常に魅力的でおすすめできる車です。

まとめ:エクスプレスはアメリカ版商用車! 購入するなら用途をよく考えましょう

シボレー エクスプレスの本質は、後席を排除した「カーゴ」にあるように思います。豪華な装備を満載した「スタークラフト」は一見非常に魅力的な車ですが、あくまでも「停車している時に快適な」車です。車両重量があるので落ち着いた動きを見せますが、それでも走りは商用車のそれです。重量級の高級車に見られる滑らかで落ち着いた、品の良い走りはそこにはありません。走行中でも上質で豪華な体験が欲しいのなら、アルファードのロイヤルラウンジを購入するのが理想でしょう。

エクスプレスは、キャンプや車中泊といった停車中に足を伸ばしてくつろぐ場合や、荷物を大量に載せる道具として使用する時にこそ進化を発揮します。そういった明確な用途がある場合には、非常に魅力的な車と言えるのではないでしょうか?