【マツダ シャンテ】2ストで歌った、マツダ最後の自主生産軽乗用車!中古車情報やCMなどをご紹介!

現在マツダは軽自動車を販売していますが、そのすべてはスズキのOEM車となっています。かつてマツダはR360クーペやキャロルなど、画期的な軽乗用車を自主開発し、販売していました。今回取り上げるシャンテも、魅力の詰まった軽乗用車の1台です。

シャンテ登場前

第二次大戦末期の未曾有の悲劇から奇跡的に復興を遂げた広島の自動車メーカーが、東洋工業(現、マツダ)です。それまで三輪トラックメーカーであった同社が、四輪車へと本格参入するきっかけをつくったクルマが1960年(昭和35年)に発売された、R360クーペです。

出典:http://www.asahi-net.or.jp/~rf7k-inue/izen/no-1/coop/coop.html

このR360クーペはマグネシウムやアルミといった贅沢な素材を多用しながらも廉価であり、庶民の足として高い人気を誇りました。その後1962年(昭和37年)には、R360クーペ唯一の欠点であった後部座席の居住性を大幅に改善したキャロルが登場。「クリフカット」と呼ばれるリアウィンドウの形状が、デザイン上でも大きなアクセントになりました。

出典:http://cars.onikenbai.com/index.php?%E5%88%9D%E4%BB%A3%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%AB

シャンテ、デビュー

こうして黎明期の軽乗用車ブームを牽引していった東洋工業ですが、社内が画期的なロータリーエンジンの開発に注力したために軽乗用車市場での商品的優位性が次第に失われていきます。キャロルも商品改良が進むことなく、1970年(昭和45年)に販売を終了してしまいます。こうした中、開発が進められたのがシャンテだったのです。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/hirroaer/30942733.html

シャンテは1972年(昭和47年)、ポーターキャブより流用された2ストローク空冷2気筒エンジン「CC型」を水冷化した「AA型」を搭載して登場します。車両重量は490kg、最高出力は35馬力と、実用面では問題ないレベルに仕上がっていました。

出典:http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/17/700100012330150306002.html

また実用性という面では、当時クラストップレベルのホイールベース長や広大なラゲッジスペースも特筆に値します。

幻に終わった、RE搭載計画

またシャンテには、当時の東洋工業の大いなる野望も秘められていました。それが、ロータリーエンジンの搭載です。1967年(昭和42年)、世界初の2ローター式ロータリーエンジン搭載車コスモスポーツを発売以来、東洋工業はロータリー車フルラインナップ計画に経営の舵を切ります。

出典:http://kalel760.blog.eonet.jp/kentaro/2010/12/post-1649.html

シャンテもその例外に漏れず、軽自動車専用1ローター360ccのロータリーエンジン「3A型」が開発されます。しかし当時の運輸省が、FIA(国際自動車連盟)のロータリー係数(当時はレシプロエンジンの倍とされていた)から大きく逸脱していることを指摘。また競合他社が強い拒否反応を示したことや1ローターが持つ固有の振動、軽自動車でのロータリーエンジンのパワーバランス制御といった技術的課題が克服できなかったことなどからこの計画は頓挫、シャンテへのRE搭載は幻に終わります。

出典:http://www.hiroshima-navi.or.jp/sightseeing/bunkashisetsu/shiryokan_toshokan/4611.php

この1ローターエンジンは、現在広島市内にある「マツダミュージアム」にて見ることができます。

名は体を表す、シャンテのCM

「シャンテが出たぞー!」という掛け声のもと、シンガーソングライターである成田賢氏の明るい歌声で始まるシャンテのCM。ナレーションではスタイリッシュなフォルムや開口部が大きく乗り降りしやすいドア、広い室内やラゲッジスペース、ロングホイールベースなどがセールスポイントとして謳われました。

シャンテの名前の由来である「歌う」を巧みに活かしたCMといえるでしょう。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/auOaX0NUJC0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

シャンテのドライブフィーリングを伝える貴重な動画。2ストローク2気筒のエンジン音が勇ましいです。

チューニングカーベースとして人気!シャンテ・ロータリー

結局市販化は実現されなかったシャンテ・ロータリーですが、チューニングカーとしては存在しています。最も有名なものはロータリーチューンの老舗、RE雨宮自動車が製作したマシンです。次原隆二氏の漫画『よろしくメカドック』や雑誌『オプション』などでも取り上げられ、ご存知の方も多いでしょう。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/taka808racing/61758919.html

12A型2ローターをサイドポート化し、SA22C型RX-7のトランスミッションを搭載したこのマシンは、同社の創設者である雨宮勇美氏のドライブで当時流行した「東名レース」と呼ばれる公道でのイリーガルなレース行為にて、ポルシェ ターボや日産 フェアレディZなどを撃墜。当時の東名レースで伝説となっていた「光永パンテーラ」と人気を二分する存在になっていきます。このロータリーシャンテは複数台製作され、そのオーナーたちは公道ゼロヨンなどで活躍しました。

そして2016年(平成28年)。伝説のシャンテ・ロータリーは、再びRE雨宮自動車の手により復活します。その年の東京オートサロンにて華々しくデビューを飾ったそのマシンは、13B型2ローターエンジンを高回転型で吸排気効率に優れるペリフェラルポート加工して搭載、ECUや排気系も専用セッティングのものを装備し、現代風に大きくアップデートされました。「RE雨宮 スーパーシャンテ」と名付けられたこのマシンは、同イベントにてチューニングカー部門の最優秀賞を獲得します。

シャンテオーナーになりたい!中古車はある?

当然新車で発売されているクルマではありませんので、オーナーとなるには中古車の在庫を調べることになります。2016年(平成28年)6月現在、大手中古車検索サイトに掲載されているシャンテは、たったの2台。そのうち1台は、価格応談となっています。メーカーからの部品供給もおぼつかないなど、オーナーとなるにはかなりハードルが高いクルマといえそうです。なぜシャンテでなければいけないのか? このクルマをどうしたいのか? よく考えておく必要があるでしょう。

おわりに

新車当時はあまり脚光を浴びることがなかった、シャンテ。しかしメーカーの思わぬところでこのクルマは注目されることになり、伝説へと昇華します。チューナーとしては長いホイールベースとコンパクトなボディが、チューニングするうえで好都合だったのでしょう。現在はスズキのOEM車で形成されるマツダの軽自動車ですが、名称だけでも強く復活を望みたい名車の1台です。