トヨタ サクシードは仕事も遊びも充実させてくれる低燃費な車!中古車情報や燃費など!

商用車として街をブンブン走っているトヨタ サクシード。日本の経済を陰で支えてくれている車とも言えます。この車の特徴は商用車としてではなくどうやらプライベートでも使えるようです。そこで今回この車の魅力と中古車相場や実燃費などをまとめてみました! 

トヨタ サクシード

商用車として名高いサクシードについての基本的な情報を知っておきましょう。

前期型(2002年~2014年)

トヨタの商用車として現在も大活躍のモデルです。2002年から2014年までに生産された前期型。街でもよく見かけるのでご存知の方も多いでしょう。エンジンはカローラシリーズと同様の1,500ccガソリン車と1,400ccディーゼルエンジンの二種類の設定があります。姉妹車のトヨタ プロボックスとの違いは後ほどご紹介しましょう。

後期型(2014年~)

一見フルモデルチャンジしたような印象がありますが、マイナーチェンジされた商用車モデル。変更点はヒルスタートアシストコントロールや緊急ブレーキシグナル、フロントディスクブレーキが13インチだったものが14インチになり新型CVTの採用もあり燃費の向上などです。

比較される車

スペック的に似ている車として比較対象となるのがトヨタ カローラフィールダー、商用車の日産 ADバンあたりが定番となります。やはりサクシードは商用車感の強い車種なので、家庭用であればカローラフィールダーがおすすめです。

サクシードバン・サクシードワゴン

2013年まで販売されていたサクシードワゴン。バンとワゴンの違いはバンが商用車、ワゴンは家庭向けとなっていて具体的な違いはワゴンの方がリアシート、足回りの乗り心地などが重視されています。

カスタムカーに人気のサクシード

最小限の装備しか付いていないサクシードですが、逆にそれが評判となり改造ベースとしても人気があります。構造がシンプルなのでDIYにもおすすめです。このような理由から、カスタムベースとなるのはよりシンプルな作りのワゴンではなく、バンが多い傾向があります。
またシンプルさが相まって軽快な走りも評判がよく、サーキットでサクシード・プロボックスのワンメイクレースが行われるなど盛り上がりを見せているカテゴリーとなっており、今後も目が離せません。

キャンピングカー業界からも注目されている

最近の車は低価格帯のモデルであってもさまざまな工夫や複雑な装備がされていることが一般的ですが、サクシードは最小限でシンプルであることが逆に個性となりカスタムビルダーには最高の素材とされます。やはりサクシードも例外なく、前述した通りドレスアップカスタムやチューニングベースはもちろんキャンピングカーとしても見逃されることがありませんでした。
サクシードの特徴はやはりその空間の使い方でしょう。5ナンバーサイズのボディーを上手に使い切る設計は本来、お仕事で荷物を効率よく積み込むためのものでしたが、それをキャンピングカーとすることでその魅力を堪能することもできます。低燃費でハイパワーエンジン、高重量にも耐えるような足回りなので走の面においてもストレスを感じることも少ないでしょう。

また、リアラゲッジスペースの広さが車中泊をするにも最適のようです。キャンピングカーのような大掛かりな改造をしなくても快適に旅をすることが可能となっています。もともとは商用車ですが、このように多くの人にさまざまな方法で愛されていることもこの車の特徴です。

トヨタ サクシードとプロボックスの違い

姉妹車であるサクシードとプロボックス。見た目はほとんど変わりがないように感じますが、その違いを調べてみました。まずは前期型の違いから見てみましょう!

見た目

前期型のサクシード(上)とプロボックス(下)どこかが違うような感じがしますが、その違いはお分かりになりますでしょうか?

上記に二台の写真を並べてみましたが、その違いがなんとなくお分かりいただけましたでしょうか? フロントグリル、フロントバンパー、フェンダーが似ているようで大きく形状が違いますね。その他は写真では分かりにくいのですが、リアクオーターパネル、リアバンパー、バックドア、リアコンビランプなどが違います。よく見るとその違いは一目瞭然ですね!

排気量

まず大きな違いとして捉えられることですが、サクシードのガソリンエンジンは1,500ccのみの設定です。しかしプロボックスでは1,300ccの設定もあり、1,500ccとの二種類となっています。自動車税の排気量区分としては1,300ccと1,500ccは同じなので、使い勝手によって選び分けるのが一般的と言えるでしょう。
例えば荷物をたくさん積むような車に負担が掛かるシチュエーションでは排気量の大きい1,500ccの方が1,300ccに比べて燃費が良くなる傾向があります。
逆に一人乗りや二人乗り程度の重さであれば1,300ccの方が燃費がいい傾向となっているので、どのシチュエーションが多いのかと言うことでエンジンチョイスを考えるのも一つの方法です。ただし、この二種類のエンジンがどちらも燃費が良い傾向にあるのでどちらを選んでも大差ないかもしれません。

トランスミッション

マニュアルトランスミッションの設定がバン、ワゴンに設定されているプロボックスに対しサクシードはバンのみに設定されています。

ボディーカラー

サクシードにのみスーパーレッドVが存在しました。後期型では設定がなくなり珍しいカラーと言えるでしょう。

ドアミラー

サクシードではオプションの電動リモコンドアミラーですが、プロボックスでは標準装備です。

後期型の違いはあまりない!?

サクシード(上)とプロボックス(下)どこが違うかわかりますか?

前期型と違い後期型は同じ共有部分が多いようで、外観はほとんど同じです。両車の違いは車名ステッカー程度となっています。

エンジン

前期型同様にサクシードは1,500ccのみ。プロボックスは1,300ccと1,500ccの二種類です。

トヨタ サクシードの中古車情報!

気になる中古車情報を見てみましょう!

中古車相場

気になる中古車相場は9万円~121.8万円となっていて、前期型は~100万円程度、後期型は100万円~となっています。前期型の低価格帯は20万キロ前後のいわゆる過走行と言われる走行距離の物件が多い印象です。なかには30万キロと言った他のモデルではあまり見かけないような物件もありますが、商用車と言う特性上、この距離を走っていても問題なく販売できるでのしょう。
また、短期間で長距離を走るエンジンの場合は寿命が長い傾向にあります。例え30万キロでも問題ないでしょう。

後期型はと言いますと、新古車や走行距離2万キロ程度の物件がほとんどです。やはりサクシードは商用車として販売されているため早々に手放し中古として出回ることが少ないようなのでこのような流通状況となっているのでしょう。

サクシードの燃費

気になるサクシードの燃費を見てみましょう。ここではカタログ燃費ではなく実燃費をインターネットなどで実際に乗られている人の計測した燃費を参考に計算してみました。

ディーゼル

実燃費はリッターあたり19~23キロとなっています。10・15モードで23キロとなっておりほぼ同じ燃費です。また条件が整えばリッター25キロなども実現可能なようなので大変低燃費となっています。

前期型・ガソリン1,500cc

実燃費はリッターあたり12~13キロとなっています。カタログ燃費では10・15モードで13.8キロとなっているのでこれもほぼ大差がないように感じとても低燃費です。条件が合えばリッター14~15キロさらに燃費を伸ばせるなどカタログ燃費を超えることも可能となっています。

後期型・ガソリン1,500cc

実燃費はリッターあたり15~17キロとなっています。前期型に比べて向上していることが伺えますが、これは前期型ではオートマチックでしたが、後期型ではCVTになっていることが予想されるでしょう。ちなみにJC08モード燃費ではリッター18キロとなっていますが、これよりは少し実燃費は劣ってしまうようです。

プロボックスも検討している人も多いと思いますので、サクシードには設定のない1,300ccの実燃費も見てみましょう。

プロボックス前期型1,300cc

実燃費はリッターあたり13~15キロと1,500ccに比べて少し燃費がいい傾向にあるようです。場合によっては16~17キロほどまでの燃費を狙うこともできるようなので参考にしてください。

プロボックス後期型1,300cc

実燃費は前期型と同じように13~15キロとなっています。1,500ccに比べてあまり変わらないようですが、流通台数が少ないのでしょうか? まだ実燃費のデータが少ない傾向にあるので今後改めて計算し直す必要があるでしょう。

サクシードはこんな人におすすめ!

サクシードがおすすめな人はこんな人です。

商用車として使う!

最も正統派な使い方でしょう。荷物を乗せて営業先を回る…これが最もスタンダードなサクシードのあり方ではないでしょうか? 走行距離が増えても故障しにくい頼れる車です。

カスタムベースとして

徐々に広まり最近では定番となりました。低価格で手に入る改造しがいのある車です。これからカスタムを楽しみたい人にいかがでしょうか? また軽快な走りはスポーツカーのような可能性を感じます。営業マンの乗ったプロボックスやサクシードが高速道路では最強だ、なんてネタもありますが、そこそこのコーナリングスピードと走る楽しさを感じる車です。

車中泊やキャンプなどに!

前述しましたが、広い荷室が特徴のサクシード。寝袋はもちろん、DIYで寝室スペースを作ったりしやすいのでモノづくりも楽しめるでしょう。また純粋にキャンプへ行くにも荷物を効率よく積むことができますし、容量不足を感じたらルーフキャリアなどの手段もあります。
このような使い方をする車の中では低燃費な方だと思いますので遠距離も足を伸ばしやすいのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか? サクシードの魅力についてはご理解いただけましたでしょうか? 仕事はもちろん遊びにも大変便利な低燃費な車ですね! 運転もしやすいので自信のない人にもおすすめです。この記事を参考に車選びをしていただけばと思います。最後までご覧くださいましてありがとうございました!