【レクサス SC】復活はあるのか?新型後継車はあのクルマ?

レクサス SCは年中晴れているフロリダで、オープンカーを楽しむ富裕者層をターゲットにしたクルマでした。なのに全く違う市場の日本にも導入され「ソアラ」を名乗りました。レクサス店導入とともに本名の「レクサス SC」を名乗っても後の祭り。値上げの悪いイメージがつきまといました。果たしてクルマとしての出来はどうだったのでしょう? SCの変遷と主要スペック、中古車相場、おすすめエアロキットなどご紹介します。

レクサス SCとは?

かつて販売されていたレクサス初のスポーツクーペです。

初代レクサス SC400 前期型。
外装色はグレイッシュグリーンメタリック。

レクサス SCとは、トヨタ自動車が製造し同社のプレミアムブランド「レクサス」より販売されていた大型ラグジュアリークーペ、およびクーペカブリオレです。車格はレクサスLSと並びます。

レクサス SCの車名の意味は?

レクサス SCの車名の意味は?

レクサス SCの各アルファベットはそれぞれ、ある単語の頭文字です。その単語とは、

●Sports(スポーツ)
●Coupe(クーペ)

です。レクサス SCはレクサスブランド初のスポーツクーペです。

トヨタ ソアラとの関係は?

初代、2代目のトヨタ ソアラはクラウン 2ドアハードトップをよりエレガントに、スポーティーに昇華させた車種でした。実際、クラウン 2ドアハードトップは初代ソアラの成功を受け、廃止となっています。2代目ソアラまでは、事実上のクラウンクーペです。ここまではレクサスとは関係のないモデルでした。

しかしバブルも弾けた90年代初頭、スペシャルティーカー市場が急速に縮小し、大人気だった2代目ソアラも急速に販売台数が落ち込みます。そんな中で登場した3代目ソアラからは、レクサス SCの日本仕様となります。車格もランクアップし、クラウンクーペからLSクーペになりました。

4代目でソアラは絶版となり、2代目SCの後期モデルから日本でもレクサス SCとして販売されています。レクサス SC発表の席で、当時の渡辺トヨタ自動車社長は、「ソアラ」は日本でのレクサス SCの衣、と表現していました。3、4代目ソアラの本名はあくまでも「レクサス SC」であるとのことでした。

レクサス SCの変遷

初代レクサス SC400前・中期型(1991年 - 1997年)

初代レクサス SC300 前期型。

1989年に北米で開業したレクサスブランドの、ラグジュアリークーペとして開発されました。デザインはカリフォルニア州のトヨタ自動車デザインセンター(CALTY)で行われました。

エンジンは、初代レクサス SC400と同じ4,000ccのV型8気筒DOHC「1UZ-FE型」と当時のクラウンシリーズやアリスト、マークII3兄弟に搭載されていた3,000cc直列6気筒DOHCの「2JZ-GE型」が搭載されていました。

日本国内においては評価は高くはなかったものの、北米市場での評価は高く1992年にモータトレンド誌主催の「インポートカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。また1992年から4年連続で、カーアンドドライバー誌の「テン・ベストカー」に選ばれています。

初代レクサス SC400後期型(1998年 - 2001年)

初代レクサス SC400 後期型。
外装色はスーパーレッドIV。

1998年にエンジン、および外観の変更をともなう大掛かりなマイナーチェンジを行いました。エンジンにはトヨタ自動車が「VVT-i」と呼ぶ可変式バルブをV型8気筒エンジンに装備し、トランスミッションにマニュアルを追加しました。
外観では細長いフロントグリルが設けられ、エアインテークの役割を果たしました。

初代レクサス SC400 主要スペック

初代レクサス SC400 前期型。
外装色はレッドマイカ。

※データは3代目トヨタ ソアラ 4.0GTリミテッドのものです。

車両型式 E-UZZ30
駆動方式 FR
乗車定員 5名
車両重量 1,590kg

車両寸法

全長 4,860mm
全幅 1,790mm
全高 1,350mm
ホイールベース 2,690mm
トレッド 1,520mm
最小回転半径 5.4m

室内寸法

全長 1,825mm
全幅 1,490mm
全高 1,110mm

走行メカニズム

変速機 4速AT
ステアリング パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション 4輪ダブルウイッシュボーン式
ブレーキ 4輪ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ 215/60R15 90H

エンジンスペック

型式 1UZ-FE
種類 V型8気筒DOHC
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
内径 87.5mm
行程 82.5mm
総排気量 3,968cc
圧縮比 10.0
最高出力 260PS/5,400rpm
最大トルク 36.0kgf・m/4,600rpm
燃料タンク容量 78L

燃費

燃料消費率 7.1km/L ※10.15モードによる計測値

2代目レクサス SC430前期型 (2001年 - 2005年)

2代目レクサス SC430 前期型。

2代目レクサス SCは初代とは異なり、クーペ・カブリオレへとボディタイプを変更しました。装備された全自動電動格納式アルミトップは、当時世界初の技術でした。屋根の開閉には合計10個の小型モーターが使用されています。
2代目レクサス SCをクーペからコンバーチブルに変身させるには、屋根のロックを外しセンターコンソールに設けられたスイッチを押すだけでした。屋根の開閉のためにサイドブレーキをかけている必要がなく、低速走行時でもフルオープンにすることができました。そのため目立ちたがり屋さんは渋滞時にフルオープンにし、周囲の注目を集めていたといいます。

現代なら真っ先にビデオに撮影されて、ネットで拡散されていることでしょう(笑)

2代目レクサス SC430後期型 (2006年 - 2010年)

2代目レクサス SC430 後期型。

2005年にビッグマイナーチェンジを行い、2006年モデルとなります。この際に現代のレクサスのデザインフィロソフィーである「L-finess」が部分的に取り入れられ、当時の最新のレクサス車の意匠を取り込むことになりました。とはいえ、その差はわずかでした。
2代目SCの前・後期モデルの画像は意図的に同じようなアングルの2枚をご紹介しています。どこに違いがあるのか、お分かりになりますか? 筆者にはヘッドライトの造形が後期型でエッジが効いていることと、ボンネットにキャラクターラインが1本追加されたぐらいしかわかりません。

レクサス IS、GSとともに日本販売開始!

2005年8月30日、日本についにレクサス導入!

-LEXUSは、2005年8月30日に日本で開業し、同日より新型GS・SCを発売、9月28日より新型ISを発売する。

2005年のマイナーチェンジモデルを機に「トヨタ ソアラ」は廃止され、日本でも「レクサス SC430」として導入されました。しかし前述のように外観の差異はほんのわずかです。装備もオプション品が標準になったぐらいです。当時はレクサス店のアフターケアの素晴らしさが、あまり伝わっていませんでした。さらに内外装の品質をレクサス基準にしたり、フロア剛性を高くして前期型モデルに起こりがちだったフルオープン時のビビリ音も抑制しました。しかし大きな話題となることも高く評価されることもありませんでした。世間のイメージは、

トヨタからレクサスに看板を変えただけで、ずいぶんと高くなった

と不評でした。

しかし発表直後のセールスは好調で、4代目トヨタ ソアラ時代の末期には月販58台でしたがレクサス SC430になると月販600台となります。しかしその勢いも続かず、リコール情報から推定できる国内総生産台数は4,000台程度に留まっています。ちなみに4代目トヨタ ソアラは5,400台ほどの販売数でした。

2代目レクサス SC430 主要スペック

2代目レクサス SC Pebble Beach Edition。

※日本版初代レクサス SC430の数値です。

車両型式 DBA-UZZ40
駆動方式 FR
乗車定員 4名
車両重量 1,730kg

車両寸法

全長 4,535mm
全幅 1,825mm
全高 1,355mm
ホイールベース 2,620mm
トレッド(前) 1,550mm
トレッド(後) 1,530mm
最小回転半径 5.4m

室内寸法

全長 1,495mm
全幅 1,500mm
全高 1,085mm

走行メカニズム

変速機 6速AT
ステアリング パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション 4輪ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング(スタビライザー付)
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク
タイヤサイズ 245/40R18 93Y ※ランフラットタイヤ標準

エンジンスペック

型式 3UZ-FE
種類 V型8気筒DOHC
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
内径 91.0mm
行程 82.5mm
総排気量 4,292cc
圧縮比 10.5
最高出力 280PS/5,600rpm
最大トルク 43.8kgf・m/3,400rpm
燃料タンク容量 75L

燃費

燃料消費率 8.7km / L ※10.15モードによる計測値

次期新型レクサス SCは存在するのか?

次期新型レクサス SCは存在するのか?
Created by yino19700

レクサスに限らず国内外のプレミアムカーブランドには、必ずブランドのイメージリーダーとして「華」のあるクーペやコンバーチブルが用意されています。2016年6月現在、レクサスブランドのクーペはRCのみ。プレミアムカーブランドのイメージリーダーというには、少々寂しいですね。もっと華やかでエレガントな車種でないと。果たして今後のレクサスブランドに「華」のあるクーペやコンバーチブルは用意されるのでしょうか?

新型スポーツカー「レクサス LC」との関係は?

次期新型レクサス SCの開発計画は、実は存在していました。レクサス開業からもうすぐ30年です。プレミアムブランドとしてレクサスは世界中に確実に根付いています。世界の富裕者層を相手にビジネスを行うために、更にプレミアムにブランドイメージを向上させなければいけません。そこで次期新型レクサス SCは2代目モデルをさらに発展させた車種となる予定でした。
さらに同時期に次期新型レクサス LFAの開発計画も存在していました。初代モデルのように限定生産ではなく、量産車として開発されていました。

しかし、どちらの車種も1,000万円オーバーのクーペモデルです。ユーザー層がバッティングし、販売に影響がでることは目に見えていました。さらにリーマンショックによる世界経済へのダメージも深刻です。トヨタ自動車としても同じ価格帯に、クーペモデルを2台も用意できなくなりました。

そこで次期SCと次期LFAの計画は統合され、1台の車種となったと言われています。それが2016年秋から北米でデリバリーが開始されるレクサス LCです。
レクサス LCにはマルチステージハイブリッドシステムと現行型GS FとRC Fが搭載しているV8スポーツユニットが採用されます。筆者はハイブリッドモデルはSC後継、V8モデルがLFA後継なのではないか、と見ています。

レクサス RCとの関係は?

レクサス SCがLSのクーペモデルであったのに対し、レクサス RCはクーペオリジナルモデルですが、車格としてはISとGSの中間に位置します。このためRCはSCの後継車ではありません。クラスが違いすぎます。

前述の通り、もし新型レクサス LC500hがレクサス SCの後継車であるならば、RCの価格はLC500hの半値です。ボディサイズもLCよりは小型で、車幅以外は5ナンバーサイズに近いことから、2代目トヨタ ソアラの後継車的存在と考えるとわかりやすいかもしれません。

レクサス SCの評判は?

2代目レクサス SC430のどんなところにユーザーは満足・不満足なのでしょう。ネットの口コミを集めてみました。

レクサス SCの良いところはね…ドライブデートに誘う理由になりますね。

満足な点

複雑で繊細な面で構成された外観

出典:www.goo-net.com

包み込まれるという表現がふさわしい上質なインテリア

出典:www.goo-net.com

乗降がしやすく、静粛性が高い

出典:www.goo-net.com

パワーもあるのにスムーズ

出典:www.goo-net.com

スピーカーの性能がとてもよく、ドライブする時も音のいい音楽を聞く事ができました

出典:www.goo-net.com

自動車としての性能はピカイチのようです。しかしクローズド状態でお乗りになっているように感じられます。オープン時の口コミも欲しかったですね。

不満足な点

価格が高いところ

出典:www.goo-net.com

燃費…

出典:www.goo-net.com

レクサスブランドのフラッグシップラグジュアリークーペです。価格が高くて、燃費が悪いのも贅沢な一面です。仕方ないですね。

レクサス SCの中古車情報

レクサス車とはいえ、SCの価格はずいぶんとこなれています。今がお買い時かも?
Created by yino19700

レクサス SCは絶版車のため、中古でしか入手できません。さらにレクサス認定中古車サイトCPOには、2016年6月現在、登録が1台もないのです。そこでgoo-netで探してみたら、全国に50台登録がありました。ノーマル車の中古車相場をご紹介します。

最安値は8年落ち、11.3万kmの走行で139.1万円。最高値は7年落ち、3.1万km走行で415万円でした。最高値の車両は20インチアルミでドレスアップしている以外はノーマルのようです。外装色は黒、銀が多く、ベージュ、赤などは希少です。内装色は黒革、エクリュ、赤革の在庫が豊富です。

気になる最終生産型の「The Eternal Jewel」の中古は、前年ながら在庫登録がありません。どうしても欲しい方は気長に待つか、業者さんにお願いしてオークションで探してもらいましょう。

レクサス SCの中古を購入する際の注意点としては、なるべくノーマル車を探すこととナビゲーションは最新型に交換することです。
レクサスといえどもSCはクーペです。エアロパーツを装着したり、車高調サスに交換して楽しむオーナーさんもおられます。もしこれらのパーツが好みに合うのなら良いのですが、やはりノーマル車を探した方が無難です。
ナビゲーションは年式にもよりますが、DVDナビでしたらHDDの最新型に変更しましょう。反応速度が変わります。もしG-Linkをご利用になりたいのであれば、最新式の地図ソフトをレクサス販売店でご購入になるか、ナビゲーションユニットそのものを交換し、使用料を支払います。年式の古い中古レクサスでも最新型レクサス車と変わらないG-Linkサービスを受けることができます。詳しくはお近くの販売店までお尋ねください。

他にも折角のマークレビンソンのオーディオを搭載しているので、納車前にスピーカーの補修やホコリもはらってもらいましょう。本革シートのメンテナンスや電動メタルトップの入念なチェックもお願いしておいた方が良いですね。

-レクサス SCの検索結果 | 中古車情報サイトGoo-net

レクサス SCのエアロパーツ

中古でノーマルのレクサス SCを手に入れてドライブを楽しんでいると、どうしても自分だけの1台にカスタマイズしたくなるものです。そこで筆者独断! レクサス SCに似合うエアロパーツをご紹介します。

【WALD】LEXUS SC430 UZZ40型 EXECUTIVE LINE KIT PRICE (F.S.R)(H17.9~H.22.7)

出典:http://model.auto-style.jp/lexus_sc/WAD1A411030001/

レクサス SCのエレガントさを更に引き立たせるエアロセットです。

【BRANEW】LEXUS SC エアロ3点キット

出典:http://model.auto-style.jp/lexus_sc/BRA1A411030001/

強烈なダウンフォースを発生させ、高速走行時の安定性を増す本当のエアロパーツです。レクサスSCのエレガントさをスポイルせず、スポーティー感を醸し出すデザインです。

【ARTISAN SPIRITS】Sports-spec line LEXUS SC430 前期 コンプリートKIT

出典:http://model.auto-style.jp/lexus_sc/ARS1A411060001/

レクサス SCのエレガントさを損なわずにスポーティー感を演出するエアロキットです。フロントフェンダー後ろのエアアウトレットがステキです。

【まとめ】The Eternal Jewelの復活を求む!

クーペ・カブリオレのレクサス SCの復活求む!

レクサス SCのまとめ、いかがでしたでしょうか。海外では2代、日本では1代で販売が終了してしまいましたが、熱心なファンは今もなおいらっしゃいます。レクサス SC後継車と目されるレクサス LC500hは1,500万円ほどとされています。とても手が出せるお値段ではないですよね。またルックスもスーパーカーのLFA寄りでエレガントさはイマイチな気がします。
プレミアムカーブランドには「華」としてラグジュアリークーペが必要、と冒頭で書きました。それはクローズドではなく、オープンである場合がほとんどです。レクサスの華、永遠の宝石であるオープンボディの正統派レクサス SC後継車が待ち望まれますね。