【トヨタ ベルタ】流麗なスタイリングを実現したコンパクトセダン!評価や中古車情報から燃費まで!

軽量・コンパクトなボディサイズにもかかわらず、ワンクラス上の車にも見えるほどの流麗なスタイリングを手に入れた、美しいコンパクトセダンの魅力に迫ります。

トヨタ ベルタとは

ヴィッツベースの4ドアセダン「プラッツ」の後継車種として、2005年11月から2012年6月まで製造・販売されたトヨタから販売された車です。エンジンは1KR-FE型 1.0L 直3 DOHCエンジン、2SZ-FE型 1.3L 直4 DOHCエンジン、4WDモデルに搭載された2NZ-FE型 1.3L 直4 DOHCエンジンの3種類に、4速ATおよびCVTが組み合わせられています。

ヴィッツをベースにホイールベースを延長し、広い室内空間と大容量のトランクを備えた実用的な4ドアセダンとして高い実力を備えています。

北米・南米・オセアニアでは「ヤリスセダン」、中国および東南アジアなどでは「ヴィオス」といった名称で販売された世界戦略車としての一面も持っており、コストとクオリティを両立した実用車として高いレベルを目指して設計がなされています。

トランクを付けたコンパクトカーから4ドアセダンへと進化した車

ベルタを語る上で欠かせないのが、先代のモデルに当たるプラッツの存在です。プラットフォームなど多くの部分をヴィッツと共有する点ではベルタもプラッツも同様なのですが、ベルタはプラッツとは違いよりセダンらしいスタイリングになるよう設計に独自性を持たせています。

プラッツを初めて見たときの印象は、ヴィッツのお尻からトランクが生えているというものです。つまりコンパクトカーであるヴィッツのデザインラインにそのままトランクが付いてしまっていますので、車としてのラインが寸断されていて歪に見えてしまうのです。
ホンダの初代フィットアリアもそうでしたが、なぜかプラッツが販売された当時は、コンパクトカーにトランクを付けただけの車が販売されていました。

そんなプラッツと比べ、ベルタはきちんとセダンらしいスタイリングになっています。フロントからトランクへと続くボディがきちんとラインになっていますし、重心も下げられているのでヴィッツに比べてスポーティに見えます。プラッツから大きな学びを経て、なんちゃってから立派な4ドアセダンへと進化した車がベルタだと言えるのではないでしょうか?

主要諸元

トヨタ ベルタ(BELTA)G(2011年)

新車価格
1,788,500円(税込み)

ボディタイプ:セダン
ドア数:4ドア
乗員定員:5名
型式:CBA-NCP96
全長×全幅×全高:4,300×1,690×1,480mm
ホイールベース:2,550mm
トレッド前/後:1,470/1,460mm
室内長×室内幅×室内高:1,965×1,390×1,200mm
車両重量:1,120kg

エンジン型式:2NZ-FE
最高出力:87ps(64kW)/6,000rpm
最大トルク:12.2kg・m(120N・m)/4,400rpm
種類:直列4気筒DOHC
総排気量:1,298cc
内径×行程:75.0mm×73.5mm
圧縮比:10.5
過給機:なし
燃料供給装置:EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量:42リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

足回り系
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前):マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前):185/60R15
タイヤサイズ(後):185/60R15
最小回転半径:4.9m

駆動系
駆動方式:フルタイム4WD
トランスミッション:4AT
変速比 第1:2.875
第2速:1.568
第3速:1.000
第4速:0.696
後退:2.300
最終減速比:4.375

トヨタ ベルタの燃費性能

環境仕様

2005年式・1.3L・CVT
10モード/10・15モード燃費:19.6km/L
実燃費:15.84km/L

ハイブリットでないことを考えると、妥当な数字と思えます。

トヨタ ベルタの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

トヨタ ベルタの世間の評価

自動車の口コミサイトでベルタの評価を見てみますと、「実用車としての利便性」「スタイリング」といった点が評価を得ているポイントのようです。逆に評価を下げる要因としては、「安っぽい内装」「高すぎる純正車高」「非力なエンジン」といった点があげられます。

基本的には燃費の良い小さなエンジンを大きめの実用的なボディに搭載した車で、道具として割り切っている方には公表ですが、少しでも上のクラスの装備を求めてしまうと不満が出てきてしまうといった所でしょうか。スタイリングはなかなか好評なようです。

道具としての割り切りが、オーナーに求められる車です。

トヨタ ベルタと同じBプラットフォームの車たち

ベルタには「トヨタBプラットフォーム」という複数車種共有の車としての土台を採用しています。このプラットフォームで車としての方向性が形作られます。今回はベルタと同様にBプラットフォームを採用する車種を紹介します。新車販売が終了しているため、もし新車でベルタの代替車を探している方がいるのなら、こういう共通プラットフォームを採用している車種から車探しをするのも楽しいかもしれません。

【トヨタ カローラアクシオ】スポーツもこなせる実力者

ベルタの販売終了後、その受け皿ともなっているセダン版カローラです。なかなか侮れない高速安定性能を持っている車でして、高速コーナーでも適度なロールでバシッと車体が安定します。現行のグレードならハイブリッドも選択出来ますし、TRDターボなんていうスポーツグレードもありますので。ベルタの乗り味は好きだけでも物足りないという方におすすめです。

【トヨタ シエンタ】沢山乗れてコンパクトなミニバン

3列7人乗りの小型ミニバンです。プラットフォームこそ共通ですが、乗り味は似て非なるもの、ベルタ以上に実用性重視の車です。内装に至ってはダイハツの軽自動車と共通のパーツを使用するなどコストカットが実に上手にされている車です。プラットフォームこそ共通ですが、ベルタとの類似点はあまり多くありません。

【トヨタ ラクティス】広い車内空間が自慢の実用車

ファンカーゴから続く少しハイトな5ドアハッチバックです。後席が車いすが乗れるように改造された福祉車両なども存在する、クラス以上の広い室内空間が自慢の車です。なぜかパドルシフトが搭載されておりスポーツ感を演出していたのですが、高速安定性や操舵感などスポーツするならカローラの方が優れている印象です。スタイリングも流麗とは言えないタイプですので、ベルタの代替とはなり得ないかとは思います。

トヨタ ベルタで物足りない方におすすめのトヨタ車たち

ベルタを購入し、もう少し質感が良かったらという人の為に、トヨタ販売の車でベルタよりも質感が上の車を集めてみました。そもそも排気量もプラットフォームも全く違いますので、「トヨタの車でより上の車に乗り換えたい」という方限定の情報になります。他のメーカーの車にも興味がある方は申し訳ありませんが、ご了承ください。

【トヨタ ブレイド】トヨタ流プレミアムハッチバック

トヨタがフォルクス・ワーゲンのゴルフを対抗馬に見据えたCセグメントハッチバック「オーリス」をベースに、3.5Lの大排気量エンジンと豪華な内装を与えたプレミアムハッチバックが「ブレイド」です。大排気量からくる余裕の走りと上質なインテリアを併せ持つ車なのですが、その価値を裏付けるブランドイメージがなく、不人気車となってしまった車です。

中古市場では比較的安価に購入できる車種ですので、維持費さえ気にしなければベルタ以上に快適な時間を過ごすことができます。

【トヨタ ブレビス】小さなセルシオとも例えられる高級コンパクトセダン

5ナンバーサイズのセルシオとも言うべき、トヨタの技術力の粋が詰まった隠れた名車がブレビスです。見た目も小さなセルシオですが、乗り心地はセルシオ同様、取り回しはコンパクトなのでセルシオ以上という恐るべき車です。

中古車の相場はベルタと余り変わりないのですが、新車販売価格はベルタが150万円台なのに対してブレビスは400万円台と実に2.5倍の価格さがありました。エンジンが2.5リッターと3.0リッターという大排気量エンジンのみのラインナップなので当然維持費は掛かりますが、そこを許せるならベルタからのステップアップとしてはまさに最適な車です。

【トヨタ ヴェルファイア】スタイリッシュな走るリビング

ご存じ「走る居間」ことアルファードの兄弟車、ヴェルファイアはトヨタ車のある種到達点と言っても良い車です。もう本当に広くて高級感があり、若干やんちゃな印象とは裏腹に、「良い車に乗っている感」を思いっきり味わえる車です。昨年2代目にフルモデルチェンジしたことで、初代の中古相場は徐々にこなれてきており、2016年現在なら200万円用意すれば購入は可能です。お金に余裕がでてきて、ベルタからより上のクラスへ乗り換えたいなら、目指すはやはりここではないでしょうか。

【トヨタ ベルタ】試乗する時の見るべきポイント

ベルタに興味を持った方にはぜひ一度試乗をしていただきたいのですが、その時に見るべきポイントを伝えておきます。
「エンジンパワー」「内装の質感」「見た目が好きかどうか」の3点です。これはそれぞれが優れているかどうかでなくて、その3つのポイントを自分なりに見た上で、ずっと所有してみたいかどうかを感じてみて欲しいのです。ここで引っかかるなら恐らくベルタとあなたは合わないでしょうし、欲しいと思えたのなら、ベルタはあなたの素晴らしいパートナーになるかと思います。

まとめ:中古車が充実しているトヨタ ベルタ、まだまだ乗れる車です

正直なところ、質感や動力性能にさえ割り切ることが出来るなら、かなり魅力的な車ではないかと思います。その根拠となっている大きな部分がスタイリングで、このクラスでこれだけまとまった流麗なセダンはほとんどないように思います。
新車販売こそ終了していますが、中古車市場にはまだまだ流通していますし、価格も100万円用意すれば選び放題と安価です。ベルタのスタイリングに惚れたのなら、まずは一度試乗して、一度ベルタとあなたの相性を確かめてみるのをおすすめします。

下に2016年6月現在の中古車情報へのリンクを乗せておきますので、気になった方はクリックしてみてください。