【トヨタ ラウム】絶妙なサイズ感!燃費や評判を交えつつ、その魅力に迫ります

両側スライドドアや横開きバックドアの採用など、若干長めなボディに他にはない便利な装備を詰め込んだトヨタ ラウム、先進的かつ実用的だったこの車の魅力を、他車との比較や評判なども交えつつ、見てみましょう。

トヨタ ラウムとは

初代 ラウム:それまでになかった使い勝手を追求した車

1997年5月から2003年5月にフルモデルチェンジされるまで販売された、ターセル・コルサ・カローラIIのプラットフォームをベースに開発された車です。開発コンセプトは「ヒューマン・フレンドリー・コンパクト」、乗る人が楽しめる車というコンセプトです。

車としての特徴は2,520mmのロングホイールベースと、リアの両側に採用されたスライドドア、横開きのバックドアといった部分です。日本の狭い駐車場などでの使用を考慮してか、人の乗り込み、荷物の積み込みが容易になるような装備が多く、ロングホイールベースから広い室内空間と開口部の大きなドアを採用することを可能としています。前席のドアにも取り付け角度をずらし、上側が約7度外側に傾くことで、乗降性を向上させています。

FFもしくは4WDの駆動方式を採用し、搭載されるエンジンは5E-FE型 1.5L 直4 DOHCエンジンの一種類のみ、車両重量が1,090kgとクラスを考えれば軽量なため、街乗りで必要十分な動力性能を確保しています。ステアリングから生えるコラムシフトを採用しており、運転席と助手席の間をすっきりとしたデザインにすることで、助手席・運転席間の移動を容易にしています。

あくまでも「車を使って」便利で楽しい時間を提案しているトヨタ流の大変便利な一台です、「車を楽しむ」ということを考えると少々厳しいような気がしますが、そこは好みによるところでしょうか。

2代目 ラウム:ユニバーサルデザインがテーマ

2003年にフルモデルチェンジを果たした2代目ラウムは、「クルマ作りにおけるユニバーサルデザインの追求」をテーマに開発が行われた車で、「人と地球にやさしく、使って楽しい、次世代ビークル」というトヨタが将来に向けてのコンセプトとしている車作りを体現しようとした車です。実際、ラウムの開発には、後述する「パノラマオープンドア」の採用のため専用の低床プラットフォームを採用するなど、かなりの力が注がれています。

初代ラウムの両側リアスライドドアと上側が外に傾いているフロントドアなどの特徴はそのまま踏襲されています。2代目ラウムの最大のトピックが、左リアのスライドドアに採用された「パノラマオープンドア」で、スライドドアにセンターピラーが内蔵されておりまして、ドアを開けるとそのままセンターピラーも移動するのでより大きな開口部を確保出来るという物です。実際この機構は体に不自由な方の乗り降りや、大きな荷物の積み卸しに大変便利で、この一点を採用しているだけでも初代から大きく進化したと、言えるのではないでしょうか。

主要諸元

トヨタ ラウム(RAUM)ラウム Sパッケージ(2006年12月)

新車価格:1,806,000円(税込み)

ボディタイプ:ミニバン・ワンボックス
ドア数:5ドア
乗員定員:5名
型式:CBA-NCZ20
全長×全幅×全高:4,045×1,690×1,535mm
ホイールベース:2,500mm
トレッド前/後:1,455/1,430mm
室内長×室内幅×室内高:1,990×1,400×1,220mm
車両重量:1,150kg

エンジン・燃料系
エンジン型式:1NZ-FE
最高出力:109ps(80kW)/6,000rpm
最大トルク:14.4kg・m(141N・m)/4,200rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1,496cc
内径×行程:75.0mm×84.7mm
圧縮比:10.5
燃料供給装置:EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量:45リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

環境仕様
10モード/10・15モード燃費:16.2km/リットル

足回り系
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前):ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) :ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前) :185/55R15 81
タイヤサイズ(後) :185/55R15 81
最小回転半径:5.5m

駆動系
駆動方式:FF
トランスミッション:4AT
変速比
第1速:2.847
第2速:1.552
第3速:1.000
第4速:0.700
後退:2.343
最終減速比:3.924

燃費性能

トヨタ ラウム 2代目 1,500cc(NCZ20)AT FF

10.15モード燃費:16.2 km/L
実燃費:13.11 km/L

サイズから考えれば至極妥当な数字です。ですが、ハイブリットが主流となりつつある今、実用車としては少々物足りない数字と言えるかもしれません。

トヨタ ラウムの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

ラウムの評判

コンセプトや見た目からファミリーユースなどを前提にラウムを選ぶ方が多く、そこを理解して購入された方の評判は良いようです。

トヨタ ラウムの口コミ評価

口コミでの評価を総合しますと、「ファミリーユースで大変便利な車」という点で好評を博しているようです。ネガティブな意見も「わかってはいたけど、コンパクトカーに比べると少々悪い燃費」など、致命的な点はほとんどないようです。

複数の口コミサイトでの評価点は、総合すると真ん中より少し上と言ったところです。特に欠点もなく不満もないにも関わらず、5点満点中3点や4点を付けてらっしゃる方が多い、つまり最初から自分にとって3点や4点の車だと割り切って購入されている方が多い車と思われます。

ラウムの後継車種、トヨタ スペイド

独特なパッケージングで個性的になったトヨタ スペイド

2011年10月に生産・販売が終了したラウムの、実質的な後継車種がこのスペイド及び姉妹車のポルテです。開口部の非常に大きなドア2枚とリアハッチという、個性的なパッケージングと外観が大きな特徴です。運転席側のドアは通常のヒンジ、左側はワイヤレス電動スライドドアを採用しています。非常に低床な設計となっているため乗り降りが安楽で、その利便性から福祉車両も開発されています。

アイドリングストップなどを採用し、JC08モード燃費で22.2km/Lと、ラウムの弱点だった燃費性能を工場させることにも成功しています。

カローラ店とネッツ店で販売されていた姉妹車である2代目ポルテの、カローラ店とネッツ店での販売モデルという側面も併せ持っており、ほぼ同じ車種であるポルテに比べると少し攻撃的で高級感を打ち出したデザインを全体的に取り入れています。

スペイドの姉妹車、トヨタ ポルテ

ラウムに続くユニバーサルデザインを取り入れ開発され、ラウムと同時期に販売されていたのが初代ポルテです。開口部の大きなスライドドアと低床のFFプラットフォームによる高い乗降性が特徴です。ラウムの製造・販売が終了後、実質ラウムの購買層の受け皿を2代目にフルモデルチェンジしたポルテが引き継ぐことになります。2代目ポルテに関しては基本的にはキープコンセプトで、スペイドと同じ車となります。

初代ポルテが販売されていた当初はトヨタ店とトヨペット店での販売モデルでしたが、ラウムの販売終了し、2代目へとフルモデルチェンジを果たした後、カローラ店とネッツ店で「スペイド」の名称で販売が開始され、実質トヨタ販売店全体で売られるフルラインナップの車種となりました。

福祉車両にも採用される、人に優しいトヨタの車たち

【トヨタ シエンタ】小回りが効き便利な3列シートミニバン

出典:http://welcab.fukushisyaryou.jp/category/1722914.html

助手席に2人、2列目シートに3人、3列目に車いすを搭載し、合計5人の送迎が可能なデイサービスなどの介護事業所で多く活躍しているのがシエンタです。低床で乗り降りもしやすく、福祉車両には電動のエアサスもリアに装備されているので非常に乗り降りがしやすく、車自体が小回りがよく利き、送迎業務にぴったりの車となっています。

【トヨタ ラクティス】スポーティな演出が光る、意外に室内が広いコンパクト

出典:http://toyota.jp/

リアの座席を1名分確保したまま、車いすを一台乗せることができ、全高が高いので圧迫感が少ないのが福リアの座席を一名分確保したまま、車いすを一台乗せることができ、全高が高いので圧迫感が少ないのが福祉車両であるラクティスの魅力です。福祉車両ならではの電動エアサスも装備されているのですが、標準装備であるパドルシフトも装備されたままですので、福祉車両にもかかわらずスポーティな演出がある一風変わった車となっています。送迎中は基本Dレンジ、帰りはパドルシフトで遊ぶのが基本です。

お手頃でおすすめな中古車、トヨタ ラウム

2016年の中古車相場ではどんなに高額でも総支払額113万円で購入できてしまう、お手頃な一台です。車に掛ける費用を極力抑え、家族での使用頻度が高い方におすすめです。ラウムは初代・2代目とありますが、ポルテが新車で販売されていることもあり、両方とも限界まで寝落ちしています。特に50万円以下の予算で車両を探すのなら、走行距離や事故の有無を考慮に入れても、両車とも値段に差がありませんので、おすすめは装備も安全性も格段に進歩をしている2代目ラウムになります。

実際に予算を考えるなら、40万円を用意して、2代目ラウムの中から1オーナーのディーラーの整備記録書が残っている、改造などされていない車両というのが、ラウムでベストのコストパフォーマンスな車両を探すポイントです。40万円という数字は掲載されている中古車情報から見た主観ではありますが、総額40万円で登録されている車両が数多くありますので、40万円をベースに車両を探し、もし足が出るなら40万円を基準に競合車両など条件を出し、交渉を進めれば良いのではないかと思います。

2016年6月現在の登録されている中古車量を掲載しておきますので、ご購入を考えている方は、参考にしてみてください。

まとめ:サイズ感が絶妙な、扱いやすく便利なトヨタ ラウム

コンパクトクラスよりちょっと大きく運転も楽で、駐車場や狭い道路も得意と、日本での街乗りでは非常に便利なサイズが魅力の車です。スライドドアや乗り降りのしやすい前席ドアは確かにトピックなのですが、実はこの大きすぎず必要十分なサイズこそがラウムの価値を決定づけているよう思います。

さすがは実用車を作らせれば一流名トヨタが作った車、楽しい時間を作る道具として、ファミリーにはベストな選択になるのではないでしょうか?