新車なのに200万円前後で買えるかわいくてコスパ◎な輸入車!

憧れのカーライフ。ピカピカの新車が欲しい。折角なら、他人と一味違う外国車を愛車を持ちたい!そんなの無理とあきらめていませんか?なんと、今は200万円で外国車が新車で買える時代なんです。そんなあなたにおすすめの200万円前後で買える憧れの新車をまとめてみました。

フォルクスワーゲン アップ! ムーブ アップ! 1,548,000円~

久保田利伸のCMが印象的なフォルクスワーゲン 「アップ!(up!)」。 なんと価格設定が150万円台~と、外国車の中ではぶっちぎりに安い衝撃の価格です。ドイツのフォルクスワーゲンはゴルフやポロ等の世界中で評価される車が多いのですが、そのポロの弟分にあたる最もコンパクトなサイズとなる、新しいスモールカーという位置づけです。正面から見ると、顔がゆるキャラの●●●おじさんのような個性的でかわいい車です。

フォルクスワーゲンとして最もコンパクトなサイズとなる新しいスモールカー「アップ!(up!)」。ボディサイズは3ドア、5ドアともに3545×1650×1495mm(全長×全幅×全高)。1クラス上の「ポロ」と比較すると450mm短く、35mm狭いが、20mm高い。またホイールベースは2420mmで、ポロより50mm短く、荷室容量は251~951L。エンジンは、1L エンジン(55kW/75馬力)と、5速自動変速トランスミッションASG(マニュアルトランスミッションをベースにした電子制御による自動変速機)を組み合わせた。

出典:www.goo-net.com

プジョー 208 スタイル 1,998,000円~

フランスのプジョーのコンパクトカー「208」は、「RE-GENERATION」をコンセプトに、クルマのスタンダードや常識をも見直し、まったく新しい、これまでにないクルマの価値観を表現しています。そのエントリーモデル「スタイル」は、なんと衝撃の200万円切りの価格です。

コンパクトなボディに、より大きなスペースを室内に確保し徹底した軽量化を実現したプジョー「208」。「RE-GENERATION」をコンセプトに、クルマのスタンダードや常識をも見直し、まったく新しい、これまでにないクルマの価値観を表現。3ドアと5ドアの2つのボディバリエーションをもつ。

出典:www.goo-net.com

フィアット 500 1.2 ポップ 1,998,000円~

おもわず一目ぼれしていまいそうなイタリアの「フィアット500」 。レトロでかわいい外見で、中身は今時の車ですから装備も安心です。ベーシックなグレードの「1.2 ポップ」は200万円を切る衝撃価格です。好きな人にはたまらない自慢の愛車になること間違いなしです。

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用し、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」、「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。

出典:www.goo-net.com

フィアット パンダ モットイージー 1,998,000円~

世界を走るフィアットの小型車「パンダ(Panda)」。3世代目となるこの車は、先代に比べてシンプルで親しみやすく洗練されたスタイルです。

フィアットを代表する小型車、3世代目に当たるモデルとなる「パンダ(Panda)」。シンプルで親しみやすく洗練されたスタイルで、ボディサイズは先代モデルよりもわずかに大きくなり、全長3,655×全幅1,645×全高1,550mm、ホイールベース2,300mmとなった。ラインアップはエンジン0.9L 2気筒インタークーラー付きツインエアターボエンジンを搭載し、ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッションデュアロジックと組合せた「イージー」。限定車では「パンダ」発売1周年を記念した「モットイージー(Panda Motto Easy)」(限定100台)、四輪駆動モデルの限定車「4×4」(限定340台)、「4×4アドベンチャーエディション」、「イージー」をベースとした限定車「MT」(限定100台)を設定。

出典:www.goo-net.com

MINI MINIワン 2,260,000円~

英国BMWグループからリリースされる、3世代目となる新型「MINI(ミニ)」。世界で愛され続けているMINI。約7年ぶりにフルモデルチェンジしたMINIのラインアップに226万円の「ワン」が加わりました。説明不要のMINIもこの価格ならもう言うことなしですね。

英国BMWグループからリリースされる、3世代目となる新型「MINI」。ラインアップは、レギュラーモデルである3ドア「ハッチバック」、それより全長が24cm長いシューティング・ブレークモデル「クラブマン」、オープンモデル「コンバーチブル」、4枚ドアを採用した「クロスオーバー」、2シーター・クーペの「クーペ」、2シーターオープンの「ロードスター」、プレミアムコンパクト・セグメントにおいて初となるスポーツ・アクティビティ・クーペの「ペースマン」を設定。特別仕様車では、「クロスオーバー・バッキンガム」、「ジョン・クーパー・ワークスGP」(全世界限定2000台)、「ベーカーストリート」、「ベイズウオーター」、「ハイゲート」、「クーパー スピードゲート」、「クーパー クロスオーバー バレンタインロード」、「クーパーS クロスオーバー バレンタインロード」を設定。今回、約7年ぶりにフルモデルチェンジしたMINIのラインアップに「ワン」を追加。燃料消費を最小限に収めるべく、新開発の高効率3気筒ターボ・エンジンを採用、エアロダイナミクスの最適化もはかり、燃料消費率は、約10%向上し20.2km/L(MT車)を実現。

出典:www.goo-net.com

フォルクスワーゲン ザ・ビートル ベース 2,299,000円~

世界を走るドイツの名車ビートル。その新型車は、他が真似をできない独創的なフォルムが、更にモダンでダイナミックに進化した「ザ・ビートル(The Beetle)」。世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデルとして、「ベース」が新たに229万9千円で発売されました。

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」と、先代のニュービートルでも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ」、2L TSIエンジン搭載の「ターボ」を設定。特別限定車では、「ターボ」をベースとした「ターボ エクスクルーシブ」(50台限定)、「デザイン」をベースとした「ブロッサム」を用意。今回、「デザイン」にレインセンサー、オートライトシステムや、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」を新たに装着。「ターボ」は、従来標準装備していたナビゲーションシステムをオプション化し、人気が高かったオプション装備の「Coolsterパッケージ」を、標準装備した。また、シンプルでありながらも必要十分な走行性能と装備で、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデル、「ベース」を新たに追加設定。サイドスカート、アウタードアハンドル、インストゥルメントパネル、ステアリングホイールトリムなどを専用装備。右ハンドルのみの設定。

出典:www.goo-net.com

アウディ A1 1.0TFSI 2,490,000円~

250万円を切る価格でアウディが買える!?
アウディのコンパクトカー「A1」。エントリーモデルの「1.0TFSI」はなんと249万円。1L 直噴3気筒 DOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジン搭載され、7速Sトロニックを組み合わせる。アウディ史上初となるこの3気筒エンジンは、最高出力95馬力、最大トルク160Nmを発揮し、JC08モード燃費はアウディとして過去最高の22.9km/Lを達成しています。コンパクトカーでも性能はさすがのアウディです。

Urban egoist(アーバンエゴイスト:自分の価値観を大切にする、高い審美眼を持つユーザー)をコンセプトに、先進的で力強いデザイン、機敏な運転性能と高い環境性能をあわせ持つアウディプレミアムコンパクトカー「A1」。アウディの持つ特長を、全長4mに満たないコンパクトなボディに凝縮した1台となる。ラインアップは、「1.4TFSI」をベースに、S lineエクステリア等を含めたパッケージを装着した限定車「アドマイアードプラスリミテッド」(限定110台)を設定。今回、1L 直噴3気筒 DOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジン搭載の「1.0TFSI」、「1.0TFSIスポーツ」、1.4L 直噴4気筒 DOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジン搭載の「1.4TFSI シリンダーオンデマンド スポーツ」を追加設定。いずれのエンジンも7速Sトロニックを組み合わせる。アウディ史上初となるこの3気筒エンジンは、最高出力95馬力、最大トルク160Nmを発揮し、JC08モード燃費はアウディとして過去最高の22.9km/Lを達成。

出典:www.goo-net.com

新車を購入時にかかる費用は?

自動車は本体価格だけでは買えません。
購入時に自賠責保険料、リサイクル費用、そして登録諸費用といった諸費用が必要となります。

また、購入後の維持費も必要です。維持費は毎年の税金や、メンテナンス費用、動かすための燃料費や駐車場代金等があります。この費用も含めて自分に合った資金計画を立てる必要があります。せっかく車を買ったのに、燃料費が払えなくてドライブに行けないなんて本末転倒です。

自分のライフスタイルに合わせて計画を立てて、素敵なカーライフを楽しんでください!